2017年通常国会における改憲論議ー転換点としての5月3日ー

高作先生と学ぶ会ブックレット高作正博著
「高作先生と学ぶ会」編

ブックレット・高作先生と学ぶ会No.1

2017年通常国会における改憲論議
――転換点としての5月3日――

A5版 56頁
定価500円
※購入ご希望の場合は送料180円をあわせてご送金ください。

2018年1月発行

▽目次
序 共謀罪だけではない今国会の論点
(1)共謀罪とテロ等準備罪
(2)首相周辺を優遇する政治ー森友学園問題・加計学園問題
(3)国連にも不当な抗議を行う政治

1 憲法審査会における議論と自民党総裁の発言
(1)衆議院・憲法審査会
(2)参議院・憲法審査会
(3)憲法記念日の発言、衆議院予算委員会での発言

2 九条改憲論に関わる問題点
(1)参議院予算委員会での安倍総理の答弁(5月9日)
(2)憲法学者が違憲というから違憲?
(3)政府見解は従来から自衛隊合憲説
(4)自衛隊明記であれば影響はない?

結 今後のスケジュール
(1)2020年オリンピックに合わせて施行を目指す
(2)70年間変わらなかった憲法を変えることの意味

(巻末付録)公演当日のレジュメ

  • -
    コピー

この記事を書いた人