サラム宣言

梁泰昊(ヤン・テホ)著
サラム宣言-指紋押捺拒否裁判意見陳述-

ISBN978-4-906460-58-8
A5版 92頁
500円+税
※購入ご希望の場合は送料180円をあわせてご送金ください。

1987年7月発行

▽目次

発行に際して
朝鮮人に生まれたことが罪なのか
「普通のおばさん」とは何か
「朝鮮人として生まれて悲しい」
「母につぐないをしたい」
教師が与える屈辱感
朝鮮人であることを隠す
不当な戦後処理への出立
「第三国人」という使いわけ
夢打砕く民族教育の弾圧
公教育の場に誓約書
外国人お断り
祖国との出合で自己を確認
無権利と偏見の中で選んだ「永住」
近くて遠い、祖国
日立就職差別裁判闘争の意味
行政差別撤廃のための取り組み
差別制度が差別意識をつくる―教育の場合
厚い就職差別の壁
差別の手段としての住民票
内外人平等元年の意味
人間として生きる
現代版「内鮮一体」なのか
常に警察による監視
一九六〇年代にもあった不押捺
サラム(人間)宣言
あとかき

  • -
    コピー

この記事を書いた人