朝鮮近現代史における金日成

近現代史における金日成
和田春樹・水野直樹
朝鮮近現代史における金日成

A5 108頁   1000円+税
※購入ご希望の場合は送料180円をあわせてご送金ください。

ISBN987-4-906460-29-8

1996年8月発行

▽目次

第一部 朝鮮近現代史における金日成-解放前を中心として― 水野直樹

はじめに
抗日闘争の新資料
辛珠柏氏の新しい研究
歴史書に書かれた金日成の足跡
中国共産党との関わり
民生団問題と金日成
楊松の掲げた新路線
在満韓人祖国光後会の誕生
金日成ニセモノ説
金日成の回顧録
金日成の活動地域
打倒帝国主義同盟
民生団間題
抗日パルチザンの立て直し方策
第三師部隊と金日成
祖国光復会のその後

第二部 朝鮮近現代史における金日成-解放後を中心として― 和田春樹

はじめに
ソ連の対応
党の主役へ
土地改革の特徴
南北統一へ向けて
朝鮮戦争の内実
党の再建へ
スターリンの意志
党内派閥の一掃
金日成政治の四つの特徴
金正日に課せられた宿題
朝鮮工作団と金日成
スターリン感謝集会での金日成
延安帰りの人々の努力
金日成崇拝キャンペーン
金日成と朴憲永
朝鮮内の米中戦争化へ
朝鮮戦争の責任問題
一九五五年という節目
唯一思想体系の体制化
後継者の金正日

  • -
    コピー

この記事を書いた人