[食料環境セミナー]日本の食料の未来のために

最終更新日: 2019年03月18日

干ばつや異常気象により、国際的に農作物等の生産量が不安定です。その上国内では約半世紀の間に農地面積は約2/3に、農業従事者は約1/5に減少しました。日本は食料自給力が低く、世界第1位の農産物の純輸入国です。干ばつで不作が続くなどの相手国の理由で輸入ができなくなれば、食料危機に陥ることは避けられません。グローバル社会の食糧供給体制のなかで、安全な食と自然環境を守ることは喫緊の課題です。生産者と消費者の信頼関係をもとに地産地消で食べ物をいただくシステムがCSAとよばれ拡がっています。提携が逆輸入されたものです。また注目されているSDGs(エス・ディー・ジーズ :持続可能な開発目標)と有機についてなど、食料の未来のための各方面のお話しにご期待ください。

チラシはこちら

「 食べられる野草を知ろう‐ 食料危機を前にして ‐ 」
2019年4月24日(水)午前10時30分~12時
使い捨て時代を考える会 相談役 槌田 劭さん

「海外の有機農業事情‐ アメリカのCSAとフランスのAMAP 」
2019年5月22日(水)午前10時30分~12時
中央大学教員 近藤 和美さん

「 Bio creatorsのCSAへの取り組み 」
2019年6月26日(水)午前10時30分~12時
ナチュラリズムファーム 大皿 一寿さん

「 有機オーガニックとSDGs 」
2019年7月24日(水)午前10時30分~12時
福井 裕美子さん

●会場:神戸学生青年センターホール
(阪急六甲下車徒歩3分、JR六甲道下車徒歩15分)
●参加費:600円 ※託児(無料)があります。
必要な方は前々日までに予約してください。 
●主 催 : (公財)神戸学生青年センター 

土曜ティーサロン2019.4~

最終更新日: 2019年02月21日

いろいろな国のお話を聞いてみませんか?
もちものはいりません。
行きたいと思っていた国、行たことがある国、興味がある国
参加される方々との交流もあります。

2019年4月6日(土)「ロシア・サハリンの歩き方」
大和泰彦さん(神戸学生青年センター職員)

2019年6月1日(土)「コスタリカの歩き方(仮題)」
八木和美さん

2019年7月6日(土)「バヌアツの歩き方(仮題)」
尾崎博さん

毎月第1土曜15時~16時開催(祝日と重なる場合はお休みです)
参加費無料
≪お話ししてくださる方を募集しています≫

韓国語手話講座2019年春

最終更新日: 2019年02月19日

2019年韓国語手話講座

チラシはこちら

無声言語の世界に触れあう言葉の世界へどうぞ♪
あなたの言葉に、新たな触れ合う言語を身につけませんか?
心に平和を自分の教養を発展させていきましょう。
隣の国の非音声言語で、今まで感じなかった韓国の無声言語である
「韓国語手話」を一緒に体験していきましょう♪
どなたでも年齢と関係なく楽しく指文字から簡単な日常生活の会話まで、
すぐに活用できる講座です。
韓国語が少しでも触れたことがある方は、すぐに覚えられますょ♪

講師紹介:アンダンテ サンヨンさん
韓国ソウル出身
現在は外国語専門学校で韓国語と韓国語の手話を教えている。

開催日:2019年 5/24、6/7、6/21 隔週金曜日 全3回

開催時間:19時~20時半

参加費:5000円

※3名を下回った場合は開講しません(5/17締切)

お申込み・問い合わせ:(公財)神戸学生青年センター
TEL078-851-2760/FAX078-821-5878
http://ksyc.jp/ Email:info@ksyc.jp

太田修さん講演会

最終更新日: 2019年02月05日

いま問われる植民地統治
「徴用工」韓国大法院判決をめぐって

 

「徴用工」問題講演会
「いま問われる植民地統治」~『徴用工』韓国大法院判決をめぐって~
 講師:太田修さん(同志社大学教授)
 日時:4月26日(金)18時半~
会場:神戸学生青年センター(阪急六甲駅から北東へ3分)
主催:すべての人に尊厳と人権を!ヘイトクライムをなくそう!神戸連絡会&「慰安婦」問題を考える会・神戸
参加費:800円(学生400円)
☎080-6107-8485

 

チラシはこちら

 

朝鮮語・韓国語入門クラス2019年度前期

最終更新日: 2019年01月24日

2019年度朝鮮語・韓国語入門クラス
受講生募集中

【入門】

対象:初心者
開講日:毎週火曜(5月7日より)
午後7時~9時
入会金:3000円 受講料:28200円
コピー代:1000円 テキスト代:実費
テキスト 未定
他コピー教材あり

★注意★

  • 定員:各クラス15人(申込者が5人を下回ったクラスは開講しません)
  • 祝祭日、お盆、年末年始の時期は休講になります
  • 開講日の午後5時の時点で、兵庫県南部地方に大雨洪水警報など学校が休校になる警報が出ている場合には休講といたします
  • 入会金は、継続の方・再入会の方は必要ありません
  • 一旦納入された授業料はクラスが成立しなかった場合を除き、お返しできません
  • 欠員のあるクラスには随時編入していただけます。
  • 見学もしていただけます(各クラス1回のみ)

[朝鮮史セミナー]日本の朝鮮植民地支配と朝鮮の民族運動

最終更新日: 2019年01月02日

日本の朝鮮植民地支配と朝鮮の民族運動
―三一独立運動100周年にあたって―

チラシはこちら

(講師紹介)

京都大学名誉教授、立命館大学客員教授。専門は朝鮮近代史、東アジア関係史。/主な著書に、『天皇制と朝鮮』(共著、神戸学生青年センター出版部、1989)、 『「アリランの歌」覚書』(共著、岩波書店、1991)、『創氏改名―日本の朝鮮支配の中で』(岩波新書、2008)、『在日朝鮮人―歴史と現在』(共著、岩波新書、2015)。

 

日時:2019年2月27日(水)午後6時半

会場:神戸学生青年センターホール

TEL 078-851-2760

(阪急六甲下車徒歩3分、JR六甲道下車徒歩10分)

参加費:600円(事前申し込み不要です)

 

主催・問い合わせ先

公益財団法人 神戸学生青年センター

〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1

TEL 078-851-2760 FAX 078-821-5878

[食料環境セミナー] 2019年3月

最終更新日: 2018年12月13日

第500回記念講演会

「日本の食料・農業・農村の未来」

2019年3月16日(土)午後2時~4時
第3週目の土曜日

神戸大学名誉教授 保田 茂さん

食料環境セミナーは神戸学生青年センターの活動の中心である3本の柱の1つとして1973年6月に始まりました。そして45年間毎月1回開かれ2019年3月で500回を迎えました。

このセミナーを最初に提唱されたのは兵庫農漁村社会研究所所長であり、現在神戸学生青年センターの理事長である保田茂さんです。当初は食品公害セミナーとして出発し、「今何を学び何をすればよいか」という題で幕あけしました。母乳に農薬が含まれていることが大きな問題になり、農薬を使用する生産者とそして消費者は大きな不安を持つことになり、同時に加工食品に含まれる化学物質についても何が使われ体にはどんな影響があるかなど学びたいことが一杯でした。

45年経った今、改善されてきたかというと決してそうではありません。このセミナーの名前を94年から食料環境セミナーと改名しました。私たちを取り巻く食料環境は食べ物だけでなく、広く水、空気も含め、昆虫や動物までも視野にいれて考えないといけないからです。

2018年11月のセミナーは種子法廃止の問題を取り上げましたが、食料環境問題は日本だけではなくなってきました。異常気象と世界的にも大きく変動する食料環境に対して今、保田さんは自分で堆肥を発明し、有機農業に取り組んでおられます。これからの食料環境をどのように考えていくかなども含めて確かな理論と実践をしておられる保田さんから記念すべきこの500回目のセミナーでお話を聞きます。

ぜひ多くのご参加をお待ちしております

 

チラシはこちら

●会場:神戸学生青年センターホール
(阪急六甲下車徒歩3分、JR六甲道下車徒歩15分)
●参加費:600円 ※託児(無料)があります。
必要な方は前々日までに予約してください。
●主 催 : (公財)神戸学生青年センター
〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1
TEL 078-851-2760  FAX 078-821-5878
ホームページ http://ksyc.jp  e-mail info@ksyc.jp

[食料環境セミナー] 2019年2月

最終更新日: 2018年12月13日

「ドキュメンタリー映画『種子ーみんなのもの?それとも企業の所有物?』」種を守って、有機農業を広げよう!

2019年2月17日(日)13:00~17:00

 

会場:神戸学生青年センター・ホール

1部 13:00~14:00 挨拶・趣旨説明・たねの映画上映会
2部 14:00~15:00 講演/種の現状と課題と対策 印鑰智哉さん
   15:30~17:00 規格外農産部を食べて、個性を感じよう!
3部 17:00~20:00 野菜薬膳料理の交流会 料理人:西崎憲一さん

チラシはこちら

 

主催:NPO法人兵庫県有機農業研究会
共催:神戸学生青年センター
協力:橋本有機農園、タベモノガタリ

お問い合わせ/お申込み:hyougokenyukinougyo@yahoo.co.jp TEL090-2359-1831

 

 

[食料環境セミナー]2019年1月

最終更新日: 2018年12月13日

『資本主義的食料システム』を考える
~大豆を伝統食から工業原料に、植物油をエネルギーから食材に変えた政治経済史

2019年1月23日(水)午前10時30分~12時

講師紹介:平賀 緑さん
かつて丹波の小さな畑にて有機菜園と鴨たちを育て、手づくりバイオディーゼル燃料で車を走らせ、持続可能な食とエネルギーを促す適正技術を紹介していました。その後、ロンドンで食料政策を学び修士(食料栄養政策)を、京都大学大学院で農業・食料の国際政治経済学を学び博士 (経済学)を取得。現在、大学の非常勤講師や研究員など勤めつつ、植物油から「資本主義と食」について考え続けています。

チラシはこちら

●会場:神戸学生青年センターホール
(阪急六甲下車徒歩3分、JR六甲道下車徒歩15分)
●参加費:600円 ※託児(無料)があります。
必要な方は前々日までに予約してください。
●主 催 : (公財)神戸学生青年センター
〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1
TEL 078-851-2760  FAX 078-821-5878
ホームページ http://ksyc.jp  e-mail info@ksyc.jp

星野文昭&暁子 絵と詩展

最終更新日: 2018年12月06日

戦争と沖縄基地に反対して「無期懲役」で獄中44年
「星野文昭&暁子 絵と詩展」

日 時:2019年1月11日(金)~14日(月) 11時~19時
初日 12時~19時 / 最終日 11時~16時まで

場 所:神戸学生青年センターロビー

入場無料

チラシはこちら

星野文昭さんをとり戻す会・兵庫
連絡先:宝塚市清荒神1-2-30-516 TEL:090-8122-5667(新田)
星野さんをとり戻そう!全国再審連絡会議:http://fhoshino.u.cnet-ta.ne.jp/
東京都港区新橋2-8-16石田ビル4階 TEL:03-3591-8224 FAX:03-3591-8226

 

このページのトップヘ戻る↑