土曜ティーサロン2019年12月~2020年4月

最終更新日: 2019年11月24日

午後のひととき、海外の楽しいお話を聞きながら過ごしませんか?
みなさん、気軽に参加してください。子どもさんの参加も大歓迎です!!
会  場:神戸学生青年センター 1F サロン室 
参加費 :無料  /  開催時刻:15:00~16:00 お話&歓談タイム  
申込み:不要 / 定員:15名

第51回 2019年12月7日(土)15:00~16:00
※この回のみ会議室Aにて開催します。
「ドイツの歩き方」
ソフィア・リベラさんとアナ・クリムスさん(神戸市立葺合高等学校留学生)

第52回 2020年2月1日(土)15:00~16:00
「イラクの歩き方~クリスマスのエルビル・スレイマニヤ・郊外地を歩く~」
細野佑樹さん(会社員・写真家)

第53回 2020年3月7日(土)15:00~16:00
「(仮)メキシコの歩き方」
辻明男さん(JICAシニアOV会)

第54回 2020年4月4日(土)15:00~16:00
「(仮)ウガンダの歩き方」
石坂守さん(JICAシニアOV会)

※土曜ティーサロンでお話ししてくださる方を募集しています。謝礼5000円です。
※1月・5月・8月はお休みです。


■主催:お問い合わせ(公財)神戸学生青年センター

 

韓国映画 소리없는 파이팅 『글로브』上映会

最終更新日: 2019年11月09日

韓国映画:소리없는 파이팅 『글로브』
日本では「ホームランが聞こえた夏」
上映時間 : 144分
制 作 年 : 2011年
制作会社 : シネマサービス
共同制作:KnJエンターテイメント

障害はあるけれど、野球に対する夢を持って果てしなく努力、挑戦する聴覚障害学校野球部の物語

チラシはこちら

日 程: 2019年12月13日(金)18時半上映開始
(終了21:00予定)
参加費: 無料(どなたでも参加いただけます)

申 込: 不要

会 場: 神戸学生青年センター・スタジオ

定 員: 20名

お問い合わせ:(公財)神戸学生青年センター TEL078-851-2760

陶芸教室atelier【es】第1回作陶展「華」

最終更新日: 2019年10月17日

陶芸教室atelier【es】のみなさんの作陶展が開催されます。

2019年11月7日(木)~10日(日)
10:00~18:00(最終日は17:00まで)
※入場無料

会場:神戸学生青年センター・ロビー

古川泰龍の足跡を辿る講演と展示

最終更新日: 2019年10月01日

アルベルト・シュバイツァー博士ご遺髪拝受50年記念
冤罪はいまも・・私はわらじがぬがれない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と き:2019年10月19日(土)~20日(日) 入場無料
19日 13時~18時 展示解説:随時
講演(19日のみ)13時半~15時(古川龍樹 シュバイツァー寺)
20日 10時~18時 展示解説:随時
ところ:神戸学生青年センター 神戸市灘区山田町3-1-1
(阪急六甲駅より北東へ徒歩3分)

主 催:カトリック社会活動神戸センター 連絡先:078-271-3248
後 援:(公財)神戸学生青年センター

 

[食料環境セミナー]10月、11月

最終更新日: 2019年09月11日

「 有機農業で未来を拓く - 身土不二(地元のものを食べて健康に)で自然と共に生きよう - 」

2019年10月23日(水)午前10時30分~12時
國學院大學名誉教授 大崎 正治さん

有機農業やオーガニックという言葉がすっかり生活にとけこんでいますが、どうやら、私たちが日ごろ食している有機農法による生産物は、思いのほか深淵な世界を背負っているようです。18世紀の産業革命以来200年にわたる技術の発展によって、人々はより多くの工業製品と農産物を享受しましたが、その裏で自然と人間の命や健康が損なわれました。「成長こそが人間が幸福に至る途」という誤った経済信仰をただすために、現状の農業の在りかたを考え直して、新しい生き方を探ります。
国がめざしている大型化ではなく、小規模農業とその生産者を支える消費者がつながり、共に未来を拓こうというお話しです。たくさんのご参加をお待ちしています。

チラシはこちら

 

「 神鋼石炭火力発電所の増設計画と 神戸市域の大気汚染を考える 」

2019年11月27日(水)午前10時30分~12時
神戸の石炭火力発電を考える会 菊井 順一さん

神戸市灘区で運転中の2基の大型石炭火力発電所に加えて、新たに2基の巨大な石炭火力発電所(65万KW×2基=130万KW)の建設が計画され4基になろうとしています。この巨大な石炭火力発電所から、大量のCO2(約690万トン)だけでなく、硫黄酸化物、窒素酸化物、ばいじんなどの大気汚染物質も長期にわたって排出されます。今、神戸で増設が進められる巨大石炭火力発電所から排出されるこれら大気汚染物質によって、将来、神戸市域の大気環境にどのような影響があるのか、どのようなリスクが考えられるのか、近時、課題となっているPM2.5にも着目しつつ、過去から現在に至る大気汚染の推移を振り返りながら、一緒に考えてみたいと思います。

チラシはこちら

●会場:神戸学生青年センターホール
(阪急六甲下車徒歩3分、JR六甲道下車徒歩15分)
●参加費:600円 ※託児(無料)があります。
必要な方は前々日までに予約してください。
●主 催 : (公財)神戸学生青年センター

朝鮮語/韓国語講座・2019年度後期

最終更新日: 2019年09月11日

朝鮮語・韓国語講座2019後期

いずれのクラスも途中参加、見学していだけます。
お問い合わせください。

チラシはこちら

【楽しく話そう、初級2】

対象:韓国語基本的知識のある方
開講日:毎週水曜(10月9日より)
午後7時~9時
入会金:3000円 受講料:28200円
コピー代:1000円 テキスト代:実費
テキスト 「楽しく学ぶ 韓国語2」(著/姜承恵 出版社/多楽園)
他コピー教材あり

 【夜・上級】

対象:3~5年程度勉強している方
開講日:毎週木曜(10月10日より)
午後7時~9時
入会金:3000円 受講料:28200円
コピー代:1000円 テキスト代:実費
テキスト「できる韓国語 中級Ⅰ」(著/新大久保語学院 DEKIRU出版)
他コピー教材あり

【話してみよう、初級1】

対象:1年程度勉強している方
開講日:毎週金曜(10月11日より)
午前10時30分~12時30分
入会金:3000円 受講料:28200円
コピー代:1000円 テキスト代:実費
テキスト 新装版「楽しく学ぶ韓国語1」(著/姜承恵 出版社/多楽園)
他コピー教材あり

【夜・初級】

対象:1年程度勉強している方
開講日:毎週金曜(10月11日より)
午後7時~9時
入会金:3000円 受講料:28200円
コピー代:1000円 テキスト代:実費
テキスト 「New가나다KOREAN FOR JAPANESE 初級2」(著/カナタ韓国語学院)
他コピー教材あり

【応用クラス】

10月11日スタート
金曜日 午前10時~12時 全10回
毎週金曜日〈10月~12月、1月~3月までの間各10回授業を行います〉
簡単な挨拶から旅行に必要な会話や料理の注文・料理のレシピまで多様な場面で使える会話を目指します。作文練習もあります。

☆新規開講☆

10月8日(火)スタート
[夜・入門]

対象:初心者
開講日:毎週火曜(10月8日より)
午後7時~9時
入会金:3000円 受講料:28200円
コピー代:1000円 テキスト代:実費
テキスト 未定
他コピー教材あり

 

★注意★

  • 定員:各クラス15人(申込者が5人を下回ったクラスは開講しません)
  • 祝祭日、お盆、年末年始の時期は休講になります
  • 開講日の午前8時(応用クラス・話してみよう初級1)、午後5時(楽しく話そう初級2、夜上級、夜初級、夜入門)の時点で、兵庫県南部地方に大雨洪水警報など学校が休校になる警報が出ている場合には休講といたします
  • 入会金は、継続の方・再入会の方は必要ありません
  • 一旦納入された授業料はクラスが成立しなかった場合を除き、お返しできません
  • 欠員のあるクラスには随時編入していただけます。
  • 見学もしていただけます(各クラス1回のみ)

[現代キリスト教セミナー]オリンピックとカジノ万博は現代のバベルの塔か?

最終更新日: 2019年09月11日

「オリンピックとカジノ万博は現代のバベルの塔か?
―科学技術とプロテスタンティズムの倫理―」

講 師: 神戸大学教授 塚原東吾さん

日 時:2019年11月14日(木)午後6時30分

会 場:神戸学生青年センター
TEL 078-851-2760(阪急六甲駅より北東へ徒歩3分)
参加費:600円(当日会場でお支払いください)

チラシはこちら

塚原東吾さんは、『福音と世界』2019年8月号に、同名の論文を書かれています。その最後の部分に次のように書かれています。
「筆者は神学には門外漢だが、カール。バルトにはリスペクトを惜しまない読者の一人として、いまバルト読みの方々に問いたいのはこういうことである。たとえばバルトの神義論は、さまざまな論者によって実に詳細に論じられているが、現実の問題にどのように答えるのかがどうもよく分からない。火急の問題としては、バルトなら、ギャンブルを「悪」と考えていただろうか? カジノ万博やオリンピックのメダル獲得競争は「(神の)愉快」なるゲームとしてたのしまれるべきなのだろうか、それともそれは「悪」なのだろうか? これらのメガイベントは、ノアの洪水に対してきわめて脆弱な場に建てられるバベルの塔(なう)ではなかろうか。だとしたら、これもバルト的な「危機」ととらえられていいのではなかろうか。」

<塚原東吾さんプロフィール>
1961年東京生まれ。神戸大学教授。専門は科学史・科学哲学。STS(科学技術社会論)。共著書に『科学技術をめぐる抗争』(岩波書店)、『帝国日本の科学思想』(青土社)、訳書の『オランダ科学史』(朝倉書店)、『医師の社会史』(法政大学出版局)など。

主 催 公益財団法人 神戸学生青年センター

[朝鮮史セミナー]韓国歴史ドラマの再発見ー可視化される身分と白丁ー

最終更新日: 2019年09月11日

韓国歴史ドラマの再発見―可視化される身分と白丁―

講師: 大阪人権博物館館長 朝治 武さん

日時:2019年10月4日(金)
    午後6時半~8時
会場:神戸学生青年センター TEL 078-851-2760
    (阪急六甲下車徒歩3分、JR六甲道下車徒歩10分)
参加費:600円 (当日会場でお支払いください)

チラシはこちら

本年8月、朝治さんは、『韓国歴史ドラマの再発見―可視化される身分と白丁―』(解放出版、四六版、 定価 2,800円+税)を出版されました。「私は現在では、観ることができる韓国歴史ドラマの作品をほぼすべて観ることになった」という著者を迎え、朝鮮史セミナーを開催します。

<本の紹介> 韓国歴史ドラマが可視化した身分と白丁を紹介し、それがドラマのストーリーにそってどう描かれたか見ていく。近現代部落史のなかの水平運動史研究の第一人者であり、韓国歴史ドラマをほぼすべて観尽くした筆者による、渾身の韓国歴史ドラマへの誘い。参考文献・映像や略年表、白丁関係作品データなども付し、韓国歴史ドラマの入門書にして身分・白丁関係作品における決定版!(出版社ホームページより)

<講師・プロフィール>朝治 武(あさじ・たけし)
1955年、兵庫県多紀郡城東町(現在の丹波篠山市)に生まれる。現在、大阪人権博物館館長。著書に、『水平社の原像』(解放出版社、2001年)、『アジア・太平洋戦争と全国水平社』(解放出版社、2008年)、『差別と反逆―平野小剣の生涯』(筑摩書房、2013年)、『水平社論争の群像』(解放出版社、2018年)などがある。

主催:神戸学生青年センター

土曜ティーサロン2019年秋~

最終更新日: 2019年09月03日

午後のひととき、海外の楽しいお話を聞きながら過ごしませんか?
みなさん、気軽に参加してください。子どもさんの参加も大歓迎です!!
会  場:神戸学生青年センター 1F サロン室
参加費 :無料  /  開催時刻:15:00~16:00 お話&歓談タイム
申込み:不要 / 定員:15名

第49回 2019年10月5日(土)15:00~16:00
「ジョージア(グルジア)の歩き方」
野村麻裕さん(神戸市在住)

第50回 2019年11月2日(土)15:00~16:00
「中国・四川省の歩き方~四川省・川劇・変面~」
江玉さん(「変面」継承者・六甲奨学基金奨学生)

第51回 2019年12月7日(土)15:00~16:00
「(仮)ドイツの歩き方」
ソフィア・リベラさんとアナ・クリムスさん(神戸市立葺合高等学校留学生)

 ※この回のみ会議室Aにて開催します

第52回 2020年2月1日(土)15:00~16:00
「(仮)トルクメニスタン・イラクの歩き方」
細野佑樹さん(会社員・写真家)

高作先生と学ぶ会2019後半

最終更新日: 2019年09月03日

高作先生と学ぶ会2019後半

9月21日(土) 14:00~17:00
場 所:ホール
テーマ:2019年参議院選後の政治と社会

10月26日(土) 14:00~17:00
場 所:ホール
テーマ:公共施設における表現の自由
「表現の不自由展」を念頭に置いて

11月30日(土) 14:00~17:00
場 所:ホール
テーマ:憲法53条と臨時国会の召集義務
岡山・沖縄・東京で提訴された裁判がテーマ

12月21日(土) 14:00~17:00
場 所:ホール
テーマ:天皇の代替わりと憲法問題

1月18日(土) 14:00~17:00
場 所:ホール
テーマ:今、改めて、『戦後補償』を問う

チラシはこちら

講 師: 高作正博さん(関西大学法学部教授)
場 所: 神戸学生青年センター(阪急六甲より北東へ徒歩2分)
参加費: 一般 1,000円  若もの 500円

共 催 (公財)神戸学生青年センター&「高作先生と学ぶ会」
お問い合わせ TEL078-851-2760

このページのトップヘ戻る↑