(延期)[食料環境セミナー]2020年4月~7月

今回予定しておりました4月~7月のプログラムすべてを秋以降の開催に延期いたします。

「 福島第一原発事故から9年 ~放射性汚染土の拡散を止めるために~ 」
2020年4月22日(水)午前10時30分~12時
神戸大学英語講師、さよなら原発神戸アクション共同世話人 小橋 かおるさん


福島第一原発事故に伴う除染で出た「除去土壌=放射性汚染土」のゆくえをご存じですか? 環境省は「除去土壌」のうちセシウムで8000ベクレル/kg以下の放射性汚染土を、農地や公共事業で再利用できるよう法整備に取り組んでいます。これは低レベル放射性廃棄物として厳重保管されるべき80倍の数値となり、これが実施されれば日本全体の土壌、農地の安全性が危ぶまれ、汚染の拡散による被曝が現実となります。「放射性物質は公害で、受け入れられない」という事を、兵庫県や神戸市に訴え、自治体での規制の必要性を求めこの問題に取り組まれている小橋さんのお話をお聞きして、放射性汚染土についての現状、そして私たちに出来ることは何かを学びたいと思います。

「 新型コロナウイルスの影響を正確につかもう! 」
2020年5月27日(水)午前10時30分~12時
フリーライター 守田 敏也さん

「新型コロナウイルス肺炎という聞きなれない肺炎があっという間に全世界へ広がりました。最初はマスクと手洗いをすれば怖がることはなく、感染は予防できるという事でしたが、テレビや新聞では毎日感染者が増え続け、首相が出した突然の小中高の休校宣言に至っては、目にみえないウィルスに対して恐怖の気持ちが募るばかり。今では高校野球の中止、観客のいない相撲、そしてついに地元の図書館や映画館まで閉鎖され、多くのイベントが次々に中止に追い込まれています。きちんとした情報もないまま、恐怖ばかりが大きくなったコロナ肺炎とは本当はどういうものなのか、ぜひお話を聞いて考えたいものです。ご参加お待ちしております。

「あなたの知らないゴミの世界~徳島県上勝町の挑戦~」
2020年6月24日(水)午前10時30分~12時
上勝町ゼロ・ウェイスト 推進員 藤井 園苗さん


徳島県上勝町(かみかつちょう)は県の中ほどにある山あいの小さな町です。約800所帯、人口1500人あまりのこの町で、日本初の「ゼロ・ウェイスト宣言」がなされました。どこでも頭の痛いごみ処理ですが、今では13品目45分別、リサイクル率80%という、日ごろごみを捨てている私たちには考えられないほどの分別の実施です。この方式を考え実行しているのは他でもない、住民の人たち自身であり、高齢者も含めての住民参加型です。この町は葉っぱビジネスでも知られており、知恵をフルに使って町を活性化させてきました。ごみゼロの目標をどのようにして日常的にとりいれているのか、直接のお話を聞きたいと思います。ぜひご参加ください。

「 生 き る 力 を 育 む 眠 育 の ス ス メ 」
2020年7月22日(水)午前10時30分~12時
NPO法人里豊夢わかさ理事長 前田 勉さん


子どもたちが夜型になってきて22時を過ぎても寝ない子が半数以上いるという事を聞いて久しいですが、心身に影響はないのでしょうか。生活時間の夜型や睡眠時間の減少は成長の遅れや、注意力や集中力の低下、眠気、疲労感などが蓄積し、将来の健康リスクにも大きく関わっているといわれています。「NPO法人里豊夢わかさ」は子どもたちの「生活リズム向上」のために眠育を広げる活動を行ったり、子どもたちの生きる力を育むための自然体験活動に取り組むなど、いろんな分野で活動をしておられます。今、まさに子育て中のみなさん、ぜひ参加してくださるようお誘いいたします。


●会場:神戸学生青年センターホール(阪急六甲下車徒歩3分、JR六甲道下車徒歩15分)
●参加費:600円 ※託児(無料)があります。必要な方は前々日までに予約してください。
●主 催 : (公財)神戸学生青年センター
〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1
TEL 078-851-2760  FAX 078-821-5878
ホームページ http://ksyc.jp  e-mail info@ksyc.jp

  • -
    コピー

この記事を書いた人