[天皇制を考える市民講座2015]

最終更新日: 2015年04月16日

4/29これでいいのか安倍政権
―集団的自衛権・基地・改憲―

安倍自公政権の暴走はとどまるところを知らず、このままいけばこの政権によって日本はつぶされます。平和あってこその経済活動であり、暮らしであるはずです。安倍政権はそのことを保障してきた憲法をとんでもない内容のものに作り変えようと本気で動き出しました。来年の参議院選挙後に憲法改「正」を行うというスケジュールを発表したのです。改「正」の手始めに環境権を盛り込むというのですが、これは9条改正をいますぐすることは無理なので、憲法を変えるということに国民を慣れさせるためなのです。そもそも福島原発事故の収束も出来ていない状況下で原発の再稼働を国策として押し進めたり、原発の輸出に邁進する安倍政権に環境権を語る資格はありません。立憲主義も民主主義も近代憲法の成り立ち一切を無視して、1%の富裕層だけに都合のいい日本にしようとしていることに対して、もう私たちは黙っていることは出来ません。平和が脅かされ、戦争国家へ突き進もうとしている戦後最大の危機的状況の今、「これでいいのか安倍政権」と題して元衆議院議員の服部良一さんをお招きして新安保法制をめぐる動きを中心に講演いただき共に考えていきましょう。明るい展望もあります。オール沖縄の闘いによる沖縄知事選の勝利や佐賀、滋賀の知事選で県民が安倍政権にNOをたたきつけたことです。平和と民主主義を守り抜くには不断の努力をし続ける以外ありません。

 

と  き    2015年4月29日(水曜日・休)午後2時~

と こ ろ   神戸学生青年センター
(阪急六甲駅・東北徒歩3分)   TEL078-851-2761

講   師   元衆議院議員  服部良一さん
共   催   はんてんの会 ・ 神戸学生青年センター

参 加 費    700円

チラシはこちら


このページのトップヘ戻る↑