第18期農塾2013年

最終更新日: 2013年09月12日

タグ: , , , ,

農を志す人、農に思いを寄せる人のための
第18期農塾2013年

「農的くらし」をしましょう。環境破壊の進むこの時代にもうひとつの道を追求しましょう。
農的くらしの先達から、有機農業のすべてを学びます。 チラシはこちら

●1)10月16日(水) 午後7時~9時 開校式と講義  於/神戸学生青年センター
「わが国の農業と食料の行方-安全良質な食べ物づくりの時代」 神戸大学名誉教授 保田 茂さん
●2)10月30日(水) 午後7時~9時 講義  於/神戸学生青年センター
「有機農業の技術~保田ぼかしを利用した有機稲作の可能性~」
兵庫県農政環境部農林水産局農業改良課主任環境創造型農業専門員 西村 いつきさん
●3)11月6日(水)  午後7時~9時 講義  於/神戸学生青年センター
「都会から農村に移り住んで-新規就農のすすめ」 市島町有機農業研究会 橋本 慎司さん
●4)11月16日(土) 午後1時、地下鉄西神南駅集合  於/渋谷農場
「有機農業の野菜づくり」講義は現地の農場でうかがいます。 渋谷 冨喜男さん
●5)11月20日(水) 午後7時~9時 講義  於/神戸学生青年センター
「種採りの時代」 ひょうごの在来種保存会代表 山根 成人さん
●6)11月30日(土) 午後1時30分~4時30分 講義  於/神戸学生青年センター
「生産者と消費者の関係づくり」        使い捨て時代を考える会相談役 槌田 劭さん
●7)12月4日(水)  午後7時~9時 講義  於/神戸学生青年センター
「兵庫県における有機農業への行政支援」兵庫県農政環境部農林水産局農業改良課長 石田 均さん
●8)12月18日(水) 午後7時~9時 講義と修了式  於/神戸学生青年センター
「日本の未来と有機農業」                  神戸大学名誉教授 保田 茂さん
修了式 保田 茂さん             ※終了後、阪急六甲の居酒屋で有志の交流会

■参加費:1万円(8回分) 10月10日までに申し込みの上、初日会場でお支払い下さい。
※なお、お支払いいただいた参加費は返却できません。
一回参加の場合1500円、講義の前週末までに申し込みの上、当日会場でお支払いください。
※現地までの交通費は自己負担です。
■申込方法:①お名前、②住所(郵便番号)、③性別、④年齢、⑤TEL/FAX、e-mail、⑥参加動機・希望等を記入の上、事務局まで郵送、FAX 078-821-5878、Eメールinfo@ksyc.jpでお申込みください。
現地でのプログラムについては、参加方法(電車また車)についてもお書きください。
■主催・申込み先:神戸学生青年センター(担当:朴 パク)
〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1
TEL 078-851-2760 FAX 078-821-5878
ホームページ http://ksyc.jp/ e-mail info@ksyc.jp

[食料環境セミナー]シリーズ・今、TPPを読み解くⅢ

最終更新日: 2013年08月21日

タグ: , ,

環太平洋経済連携協定(TPP)の第18回目の交渉がマレーシアで行われた。
米国の承認手続を待って日本も今回から参加していく予定となっている。
TPPをめぐっては、国益を守れるか損なうかという経済ナショナリズムの観点で主に賛否が叫ばれているが、TPPの交渉分野は関税の引下げ・撤廃問題だけでなく、金融や通信等サービス取引、医療保険、知的財産権など多方面にわたる。
TPPに参加することで日本はどうなっていくのだろう。今回のシリーズでは、多国籍企業による食料支配の問題、対する食料主権という概念、競争的規制緩和から協力的再規制へ上方調和の原則など、さまざまな視点から考えてみたい。
そしてそれぞれの国や地域が作り上げてきた歴史・文化に基づいた多様な制度を維持しながら、ともに健康で文化的な生活が持続できればと願う。
チラシはこちら

① 「 TPPでどうなる?医療、食の安全 」

9月25日(水)午前10時30分~12時
食政策センタービジョン21 主宰人 安田 節子さん

② 「 グローバル・フード・ガバナンスによる食料支配と抵抗 」

10月23日(水)午前10時30分~12時
神戸大学大学院国際協力研究科 教授 土佐 弘之さん

③ 「 TPPが医療を壊す 」

11月27日(水)午前10時30分~12時
兵庫県保険医協会事務局  岡林 信一さん

④ 「 TPPと日本の農業 」

12月25日(水)午前10時30分~12時
神戸大学大学院農学研究科 教授 小野 雅之さん

⑤「 グローバル化2.0– TPP賛否両極論を排す 」

1月29日2月12日(水)午前10時30分~12時
北海道大学法学部・公共政策大学院 教授 遠藤 乾さん

(重要なおしらせ)
1月29日に予定していました「グローバル化2.0-TPP賛否両極論を排す」ですが、
事情により2月12日(水)午前10時30分~12時に変更になりました。
ご注意ください。

 

9~12月までは第4水曜、1月のみ第5水曜の講座となります。
お間違いございませんよう、ご確認ください。

●会場:神戸学生青年センターホール TEL 078-851-2760
(阪急六甲下車徒歩3分、JR六甲道下車徒歩15分)
●参加費:600円
※託児(無料)があります。必要な方は前々日までに予約してください。
● 主催:神戸学生青年センター
TEL 078-851-2760 FAX 078-821-5878
〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1
ホームページ http://ksyc.jp e-mail info@ksyc.jp

 

農塾について

最終更新日: 2013年07月27日

タグ: , , , ,

この講座は、農を志す人・農に思いを寄せる人のための講座です。センターでは会館当初から「食品公害セミナー」(現・食料環境セミナー)を通じて環境問題,食糧問題などに関心を持ちつづけてきました。
世界経済の「グローバル化」が進む昨今、日本の食料自給率は低下の一途をたどっており,日本農業の将来に明るい展望は見出せなくなっています。衰退する農業や崩壊していく山村をこのままにしておいたのでは、私たちの生活の基盤が失われてしまう。もっと多くの人に農業に対する知識や農業への正しい評価を持ってほしい。さらには農業や農村を支え、担う人たちを育てていきたい。そんな願いを持って農塾は1994年5月に開講しました。
直接農業に従事しておられる方だけではなく,農政や食の安全に注意を払ってこられた方たちからお話を聞き、都市と農村の交流の場としての役割も果たせる「塾」であることをめざしています。

このページのトップヘ戻る↑