[多文化と共生社会を育むワークショップ]ペルーのお茶会

最終更新日: 2017年12月13日

ペルーのお茶・菓子と文化を楽しむ

多文化のお茶会第6弾は南米の「ペルー」。
大城ロクサナ・アジベさんにペルーの文化、社会を沢山お話いただきながら、シナモン、クローブの入った紅茶とペルーのパネトンケーキを楽しみましょう

講師紹介:大城ロクサナ・アジベ さん

ペルー、リマ出身。祖父が沖縄からのペルー移民。1991年に来日し阪神・淡路大震災での被災経験で外国人への支援必要性を実感、活動を開始した。ひょうごラテンコミュニティ代表、FMわぃわぃ理事。在日ラテン系の生活雑誌「月間Latin-a」編集長

チラシはこちら

 

■■一緒にお茶とお菓子をいただきながら■■
テ・カネラ・イ・クロベ(シナモンとグローブ入りのペルーの紅茶)
パネトン (イタリア原産で南米に広がったペルー産のパンケーキ)

 

日 時 :2018年 2月17日(土)14時~15時30分

参加費 :1000円/(お茶、ケーキ代込み)

会 場 :神戸学生青年センター 1階 「喫茶室」

申 込 :2月13日(火)までに
TEL078-851-2760、FAX078-821-5878、E-mail:info@ksyc.jpへお申込ください

■主催:多文化と共生社会を育むワークショップ・(公財)神戸学生青年センター
■神戸まちづくり六甲アイランド基金助成事業
■問い合わせ:  神戸学生青年センター(上記)


このページのトップヘ戻る↑