土曜ランチサロン@サロン室 これまでの記録

最終更新日: 2012年08月14日

2014年10月サロン室オープン

第1回 10月 「オカリナコンサート」 館長:飛田雄一

第2回 11月 「ソウルの歩き方」 足立龍枝

第3回 12月 「ウガンダの歩き方」 フィオナ・ナガイ

[2015年]

第4回 1月  「中国・福建省の歩き方」 鄭宇龍

第5回 2月  「マニラの歩き方」 天野郡寿

第6回 3月  「中国・紹興の歩き方」 任偉凱

第7回 4月  「ウランバートル&フフホトの歩き方」 フフデルゲル

第8回 5月  「六甲山の歩き方」 浅野晴良

第9回 6月  「アフリカ・ブルンジの歩き方」 森口雄太

第10回 7月  「東アフリカ・マラウイの歩き方」 伊藤一幸

第11回 9月  「キューバ・ハバナの歩き方」 鹿嶋節子

第12回 10月 「プサンの歩き方」 本田芳孝

第13回 11月 「セルビア・ベオグラードの歩き方」 ニニッチ・スラヴィツァ

第14回 12月 「アテネとエーゲ海の島の歩き方」 矢萩桃骨
続きを読む

[食料環境セミナー] シリーズ・これからの産消提携を考える

最終更新日: 2012年08月08日

食料環境セミナー<2012年09月~2013年01月>

チラシは、201210-201303syokuryoukannkyou-s

シリーズ・これからの産消提携を考える

70年代の初め、高度経済成長の「つけ」ともいうべき、農薬や食品添加物などによる人や動物、また環境への汚染が明らかになってきました。何の疑いもなく便利さにたよっていた私たちは改めて生活の見直しをせまられ、特に食べ物は子どもをはじめとして深刻な問題となりました。それらの解決の一つとして、生産者と消費者が顔の見える関係で提携をし、有機農産物によってお互いに命の預けあいを続けてきました。
あれからほぼ40年、有機農産物がスーパーに並び、提携も多様化する中で、今後の在り方を模索している最中に、恐れていた原発事故が起こり、今、放射能の拡散はこれらの努力を根こそぎゆるがしています。生産者も消費者も共に生きていくためにはどうすればいいのでしょうか。いろんな事例を聞きながら共に考えていきたいと思います。多数のご参加をお待ちしています。

①  「震災から提携を問う」

9月26日(水)午前10時30分~12時
星 寛治さん

②  「台所からの世直し」~安全な食べ物をつくって食べる会と三芳村生産グループの提携から~

10月24日(水)午前10時30分~12時
若島 礼子さん

③  「こだわり生協の現状と有機農業」~コープ自然派事業連合~

11月28日(水)午前10時30分~12時
生活協同組合連合会 コープ自然派事業連合理事長 小泉 佳久さん

④  「産消提携の運動と流通を考える」~使い捨て時代を考える会~

12月19日(水)午前10時30分~12時
使い捨て時代を考える会 安全農産供給センター 役員専従 植村 雅人さん

⑤  「これからの産消提携」

2013年1月23日(水)午前10時30分~12時
神戸大学名誉教授  保田 茂さん

●会場:神戸学生青年センターホール TEL 078-851-2760
(阪急六甲下車徒歩3分、JR六甲道下車徒歩10分)
●参加費:600円
※託児(無料)があります。必要な方は前々日までに予約してください。
● 主催:神戸学生青年センター TEL 078-851-2760 FAX 078-821-5878
〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1
ホームページ http://ksyc.jp e-mail info@ksyc.jp

[キリスト教セミナー]神戸中央神学校の朝鮮人留学生たち

最終更新日: 2012年07月14日

セミナー関係のホームページが少し?調子が悪いようです。

7月17日(火)の現代キリスト教セミナー、予定通り開催いたします。

http://ksyc.jp/wp-content/uploads/2012/04/2012so-makita.pdf

「神戸中央神学校の朝鮮人留学生たち」
改革派神学校教授・日本キリスト改革派山田教会牧師 牧田吉和さん
米国南長老教会宣教師・SP ハミルトンが1907(M40)年に設立し
た「神戸神学校」は、その後名称を「神戸中央神学校」と改めますが、
1942 年3月に「自主閉校」します。その神学校はその後日本軍に接収
され連合国軍捕虜病院として使用されたことも知られています。神学校
には朝鮮人留学生が多く、現在の韓国では、卒業後朝鮮での宣教活動で
神社参拝に反対して検挙された方が多いということも知られています。
1941 年12 月には、「在神戸中央神学校朝鮮人
学生民族主義グループの策動」により5名の留学
生が検挙される事件もおこっています。このテー
マで研究をされている牧田さんからお話をうか
がいます。
日時:7月17日(火)午後7時
会 場:神戸学生青年センター
参加費:600円
●主催:(財)神戸学生青年センター(担当:飛田)
〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1
TEL 078-851-2760 FAX 078-821-5878
http://ksyc.jp/ info@ksyc.jp

 

 

 

[キリスト教セミナー]「日韓キリスト教史」「神戸中央神学校の朝鮮人留学生たち」

最終更新日: 2012年04月25日

タグ:

●現代キリスト教セミナー●

(1) 「日韓キリスト教史」講演会 チラシは、2012so-makita

日時:2012年4月28日(土)午後7時~8時30分
会場:神戸学生青年センター TEL 078-851-2760
(阪急六甲下車徒歩3分、JR六甲道下車徒歩10分)

講演①
「韓国での研究生活を終えて
―韓国キリスト教研究への新たな視角」
恵泉女学園大学教授 李省展(イ・ソンジョン)さん

講演②
「日韓関係からアジアへ
―日韓キリスト教研究の未来への課題」
明治学院大学客員教授 徐正敏(ソ・ジョンミン)さん

参加費:600円

※終了後、かつて韓皙曦さんを代表に青丘文庫で開かれていた「日韓キリスト教史研究会」再開のための話し合いがもたれます。

(2)「神戸中央神学校の朝鮮人留学生たち」  チラシは、2012so-makita
改革派神学校教授・日本キリスト改革派山田教会牧師 牧田吉和さん

米国南長老教会宣教師・SPハミルトンが1907(M40)年に設立した「神戸神学校」は、その後名称を「神戸中央神学校」と改めますが、1942年3月に「自主閉校」します。その神学校はその後日本軍に接収され連合国軍捕虜病院として使用されたことも知られています。神学校には朝鮮人留学生が多く、現在の韓国では、卒業後朝鮮での宣教活動で神社参拝に反対して検挙された方が多いということも知られています。1941年12月には、「在神戸中央神学校朝鮮人学生民族主義グループの策動」により5名の留学生が検挙される事件もおこっています。このテーマで研究をされている牧田さんからお話をうかがいます。

日時:7月17日(火)午後7時
会 場:神戸学生青年センター
参加費:600円

●主催:(財)神戸学生青年センター(担当:飛田)
〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1
TEL 078-851-2760 FAX 078-821-5878
http://ksyc.jp/ info@ksyc.jp

第17期農塾2012年

最終更新日: 2012年04月25日

農を志す人、農に思いを寄せる人のための
第17期農 塾2012年

チラシは、2012noujyuku

「農的くらし」をしましょう。環境破壊の進むこの時代にもうひとつの道を追求しましょう。農的くらしの先達から、有機農業のすべてを学びます。

●1)2012年6月6日(水) 午後7時~9時   開校式と講義 於/神戸学生青年センター
「わが国の農業と食料の行方-安全良質な食べ物づくりの時代」  神戸大学名誉教授 保田 茂さん 続きを読む

[食料環境セミナー]シリーズ・原発と放射性物質による汚染

最終更新日: 2012年04月25日

神戸学生青年センター・食料環境セミナー<2012年04月~07月>

シリーズ・原発と放射性物質による汚染

※チラシは、2012.4-7-ss

①  「放射性物質で汚染された がれき処理の問題点」

4月25日(水)午前10時30分~12時          元京都大学教授 山田 耕作さん

 

②  「震災がれきの処理はいかにあるべきか」 

5月23日(水)午前10時30分~12時      はんげんぱつ新聞編集委員 末田 一秀さん

 

③  「低線量で長期被曝による健康被害」~チェルノブイリの教訓からフクシマを考える~

6月27日(水)午前10時30分~12時       元京都薬科大学教授 大和田 幸嗣さん

 

④  「食卓にあがる放射能」

7月25日(水)午前10時30分~12時 NPO法人チェルノブイリ救援・中部理事 河田 昌東さん

 

●会場:神戸学生青年センターホール TEL 078-851-2760
(阪急六甲下車徒歩3分、JR六甲道下車徒歩10分)
●参加費:600円
※託児(無料)があります。必要な方は前々日までに予約してください。
● 主催:神戸学生青年センター TEL 078-851-2760 FAX 078-821-5878

「東学農民戦争」&「北朝鮮現代史」

最終更新日: 2012年04月24日

タグ:

「東学農民戦争」

講演①東学農民革命の跡をたずねて
むくげの会会員 信長正義さん
講演②東学農民革命の新しい像
―北海道大学人骨事件から
後備歩兵第19大隊長・南小四郎の東学文書まで―
圓光大学(韓国)教授、京都大学交換教授 朴孟洙さん
日 時:2012年6月14日(木)午後7時
会 場:神戸学生青年センター・ホール
参加費:600円  ※チラシは201204-6tougaku-wada

「北朝鮮現代史」

講師:和田春樹さん(東京大学名誉教授)

日 時:6月15日(金)午後7時
会 場:神戸学生青年センター・ホール
参加費:600円   ※チラシは201204-6tougaku-wada

朝鮮語・韓国語2012年前期クラス

最終更新日: 2012年04月02日

タグ: , ,

朝鮮語・韓国語クラス チラシは、2012mae-tk

 ※いずれのクラスも見学/途中参加可能です。お問い合わせください。

【入門】

対象:初心者
開講日:毎週火曜(5月8日より)
午後7時~9時
入会金:3000円 受講料:23500円
コピー代:1000円 テキスト代:2300円(税別)
テキスト「ミニマム韓国語」(国書刊行会)
他コピー教材あり

【初級】

このクラスは、開講しないことになりました。

【中級】

対象:2-3年程度勉強している方
開講日:毎週火曜(4月10日より)
午後7時~9時
入会金:3000円 受講料:28200円
コピー代:1000円 テキスト代:2205円
テキスト「韓国語を学ぼう 中級」(朝日出版社)
他コピー教材あり

【上級】

対象:3~5年程度勉強している方
開講日:毎週木曜(4月12日より)
午後7時~9時
入会金:3000円 受講料:28200円
コピー代:1000円 テキスト代:実費
テキスト「カナタKOREAN中級1」(カナタ韓国語学院)
他コピー教材あり

【会話クラス】

4月6日 スタート 金曜日 午前10時~12時 全10回
毎週金曜日〈4月~6月までの間10回授業を行います。5/4は休講です〉

簡単な挨拶から旅行に必要な会話や料理の注文・料理のレシピまで多様な場面で使える会話を目指します。

 

★注意★

  • 定員:各クラス15人(申込者が5人を下回ったクラスは開講しません)
  • 祝祭日、お盆、年末年始の時期は休講になります
  • 開講日の午後5時の時点で、兵庫県南部地方に大雨洪水警報など学校が休校になる警報が出ている場合には休講といたします
  • 入会金は、継続の方・再入会の方は必要ありません
  • 一旦納入された授業料はクラスが成立しなかった場合を除き、お返しできません
  • 欠員のあるクラスには随時編入していただけます。
  • 見学もしていただけます(各クラス1回のみ)

[朝鮮史セミナー]ドキュメンタリー「ロス暴動の真実―コリアタウンはなぜ襲われたか―」上映と講演会

最終更新日: 2012年03月17日

『アメリカ・コリアタウン』電子出版記念講演会&上映会

チラシは、こちら20120411los-korean

(4月11日は、水曜日です。よろしくお願いします。
以前のチラシは、まちがいです)
■日時 2012年4月11日(水) 開場18:00 開演18:30
■会場 神戸学生青年センターホールTEL 078-851-2760
(阪急六甲下車徒歩3分、JR六甲道下車徒歩10分)
■参加費 1,000円
■講師 髙賛侑(コウ・チャニュウ。ノンフィクション作家)
■主催 神戸学生青年センター 神戸市灘区山田町3-1-1 http://ksyc.jp/

ロビープチギャラリーについて

最終更新日: 2012年02月27日

タグ: , ,

ロビーでプチ展示会を開きませんか?ロビーの一角を常設展示スペースとして開放します。
1週間7000円です。写真、絵画などなど、個人・グループの発表の機会にご利用ください。

 

 

 

 

 

 

《利用規定》

  • 利用期間  :7日単位 9時~22時
  • 搬入     :ご利用日前日15時から19時まで、あるいはご利用当日9時からお願いします(ただし、日曜・祝日を除く)
  • 搬出     :ご利用最終日、19時までに搬出作業完了してください
  • 利用料金  :7000円(7日間) 搬入時に一括でお支払いください
  • 作品の管理 :作品の盗難、汚損などに関する責任は一切負い兼ねます。ギャラリーにスタッフは常駐しておりません
  • 展示スペース:よこ 4900mm× たて 190mm 壁一面 ・パネル6枚
  • 販売      :作品の販売はできません

※センターの都合により、ご利用いただけない時期もございます。

ロビー中央は常時フェアトレードショップの商品を販売するスペースとなっています。
くわしくはお問い合わせください。

ロビーギャラリー受付フォーム

 

 

このページのトップヘ戻る↑