[朝鮮史セミナー]「東学農民革命120年‐1894~2014」

最終更新日: 2014年04月19日

タグ:

「東学農民革命120年―1894~2014」

日時:2014年7月4日(金)午後6時半
会場:神戸学生青年センター
講師:奈良女子大学名誉教授 中塚明さん
参加費:600円

ことし、2014年は、東学農民革命(1874年)から120年です。以前の歴史教科書では、朝鮮で起こった「東学党の乱」を契機として日清戦争が始まったとされていました。この「東学党の乱」という呼称は、現在では間違いとされています。
 中塚先生が書かれた 『近代日本と朝鮮』(三省堂、1969年)は、朝鮮近代史のテキストとして良くまれており、1977年にはその新版が、1994年にはその第3版が出版されています。もともと日本近代史、とくに近代の日朝関係の歴史を主に研究されてきた先生は、『日清戦争の研究』(青木書店、1968年)、 『近代日本の朝鮮認識』(研文出版、1993年)、 『これだけは知っておきたい日本と韓国・朝鮮の歴史』(高文研、2002年)など多くの著書をだされています。また近年は東学農民革命の現場を訪ねるフィールドワークの案内もされていますが、昨年、『東学農民戦争と日本―もう一つの日清戦争』(高文研、2013年6月)を井上勝生さん、朴孟洙さんと出版されました。その本のコピーには以下のようにあります。
**************************************************************
「日清戦争は、日本と清国(中国)との戦争だ。それなのに、最大の「戦死者」を出したのは、勝った日本でも、敗れた中国でもなく、朝鮮だった!/交戦国ではない朝鮮が、どうして最大の「戦死者」(3~5万人)を出したのか?/朝鮮王宮(皇居)を占領した日本軍に対し、朝鮮の農民三百万が竹やりで蜂起し、それを日本軍が“せん滅”した。/長い間、歴史の闇に葬られて、韓国でも近年ようやく明らかにされてきたこの驚くべき事実を、日韓の研究者が共同で取り組んだ成果を、読みやすい形で提示する!」
台湾・朝鮮を植民地として支配し、アジア侵略への道を進んでいった日本の大きな転機となった東学農民革命です。それから120年、その意味を改めて考えるセミナーとしたいと思います。

●主催・問合せ先:(公財)神戸学生青年センター
〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1
TEL 078-851-2760 FAX 078-821-5878

チラシはこちら

 

朝鮮語・韓国語2014前期

最終更新日: 2014年04月03日

朝鮮語・韓国語講座2014前期

いずれのクラスも途中参加、見学していだけます。
お問い合わせください。

チラシはこちら

【初級】

対象:基本的な読み書きのできる方
開講日:毎週水曜(4月9日より)
午後7時~9時
入会金:3000円 受講料:28200円
コピー代:1000円 テキスト代:実費
テキスト「CDブック はじめての韓国語」(李昌圭著 ナツメ社)
他コピー教材あり

【中級】

対象:2-3年程度勉強している方
開講日:毎週火曜(4月8日より)
午後7時~9時
入会金:3000円 受講料:28200円
コピー代:1000円 テキスト代:実費
テキスト「できる韓国語 中級1」(新大久保語学院 李志暎、柳慧政、金孝卿著 DEKIRU出版)
他コピー教材あり

【上級】

対象:3~5年程度勉強している方
開講日:毎週木曜(4月10日より)
午後7時~9時
入会金:3000円 受講料:28200円
コピー代:1000円 テキスト代:実費
テキスト「カナタKOREAN中級2」(カナタ韓国語学院)
他コピー教材あり

【会話クラス】

4月11日 スタート 金曜日 午前10時~12時 全10回
毎週金曜日〈4月~6月までの間10回授業を行います〉

簡単な挨拶から旅行に必要な会話や料理の注文・料理のレシピまで多様な場面で使える会話を目指します。

 

★注意★

  • 定員:各クラス15人(申込者が5人を下回ったクラスは開講しません)
  • 祝祭日、お盆、年末年始の時期は休講になります
  • 開講日の午後5時の時点で、兵庫県南部地方に大雨洪水警報など学校が休校になる警報が出ている場合には休講といたします
  • 入会金は、継続の方・再入会の方は必要ありません
  • 一旦納入された授業料はクラスが成立しなかった場合を除き、お返しできません
  • 欠員のあるクラスには随時編入していただけます。
  • 見学もしていただけます(各クラス1回のみ)

[食料環境セミナー]シリーズ・再生可能エネルギーで地域再生

最終更新日: 2014年03月26日

タグ: , ,

シリーズ・再生可能エネルギーで地域再生

原子力発電が危険でやっかいなものであるという事は、3.11以来、白日の下に晒されています。にもかかわらず、政府は伊方原発の再稼働を急速に進めています。
脱原発の実現にむけて、新しいエネルギーシステムの確立が大きな課題となっています。再生可能エネルギーを生かした地域の再生に注目が集まっています。
グローバル資本主義を推し進めた日本社会。その先にみえたのは、環境破壊、健康被害、そして、地域社会の崩壊でした。
地域で生まれ、根ざし、地域を活性化する再生可能エネルギー。分散型のエネルギーシステムの構築の試みです。グローバルからローカルへの転換。その可能性をさぐりたいと思います。
福島の悲劇を二度と繰り返さないために。そして、子ども達が安心して暮らせる未来へ希望をつなぐ為、学び、考えたいと思います。

① 「 風力発電と地域 」

2014年2月26日(水)午前10時30分~12時
龍谷大学 経済学部 教授 松岡 憲司さん

②  「 原発地元の地域再生 」と「 電力市場のからくり 」

2014年3月26日(水)午前10時30分~12時
関西学院大学 総合政策学部 准教授 朴 勝俊さん

③ 「環境モデル都市 ゆすはら 自然エネルギーによるまちづくり」

2014年4月23日(水)午前10時30分~12時
高知県梼原町 環境整備課 環境モデル都市推進室担当 那須 俊男さん

④  「 丹波・山王自治会太陽光発電で村を元気にする 」

2014年5月28日(水)午前10時30分~12時
山王自治会 細田 泰宏さん

⑤ 「 再生可能エネルギーとエネルギー自治 」

2014年6月25日(水)午前10時30分~12時
京都大学大学院経済学研究科 教授 諸富 徹さん

⑥「地域主体で、地域に役に立つ小水力発電」

2014年7月23日(水)午前10時30分~12時
全国小水力利用推進協議会理事 関西広域小水力利用推進協議会理事
古谷 桂信さん

 

●会場:神戸学生青年センターホール TEL 078-851-2760
(阪急六甲下車徒歩3分、JR六甲道下車徒歩15分)
●参加費:600円
※託児(無料)があります。必要な方は前々日までに予約してください。
● 主 催 : 神戸学生青年センター
〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1
TEL 078-851-2760 FAX 078-821-5878
ホームページ http://ksyc.jp e-mail info@ksyc.jp

2月から6月までのチラシはこちら
4月から7月までのチラシはこちら

[朝鮮史セミナー]「笹の墓標」神戸上映会

最終更新日: 2014年03月11日

神戸上映会
笹の墓標、全5章一挙上映

公式HP http://sasanobohyo.blogspot.jp/
日時:4月13日(日)/会場:神戸学生青年センター
第一章「朱鞠内」(114分)9:00~/第二章「浅茅野」(98分) 11:00~
第三章「遺族」(109分) 13:00~/第四章「未来へ」(121分)15:00~
第五章「私たち」(107分) 17:10~
料金:全5回3000円、1回1000円
主催 公益財団法人 神戸学生青年センター
〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1 TEL 078-851-2760 FAX 078-821-5878
ホームページ http://ksyc.jp/ e-mail info@ksyc.jp

チラシはこちら

天皇制を考える市民講座

最終更新日: 2014年03月05日

タグ:

再び戦争する神の国へ~天皇・天皇制を美化するメディア

日 時: 2014年4月25日(金) 18:30~
会 場: 神戸学生青年センター(阪急六甲駅下車、北東徒歩3分) TEL078-851-2760
参加費: 700円
講 師: 山口 正紀さん
「人権と報道・連絡会」世話人、フリージャーナリスト・元読売新聞記者2003年退社、『週刊金曜日』に「人権とメディア」
を隔週連載、『天皇とマスコミ報道』で読売時代に皇族報道の執筆を拒否し皇室賛美報道に抵抗した経過を報告。
共 催: 神戸学生青年センター、はんてんの会

チラシはこちら

つなぐ・つたえる復興ひろば2014(第3回)

最終更新日: 2014年02月17日

つなぐ・つたえる復興ひろば2014(第3回)

「避難者はいま ~福島・コミュニティと人びとの軌跡~」 チラシはこちら

【日時】 2014年3月1日(土) 14:00~ 17:00(終了予定)(開場 13:30~)

【参加料】 1000円

【場所】 神戸学生青年センター ホール

【主催】 トモニプロジェクト、神戸学生青年センター

【プログラム】

上映会「原発の町を追われて~避難民・双葉町の記録~」(2012年製作、56分)

/制作者・堀切さとみさんからのメッセージ/県外避難者のトーク①「母子避難から3年」県外避難者

(福島県郡山市)/トーク②「もとの生活回復を求めて」菅野昭雄さん(福島県

双葉郡浪江町)/菅野さん質疑応答

【問い合わせ先】

トモニプロジェクト(担当:西岡)

TEL090-9772-3589

Email:nishi-4521@hotmail.co.jp

[食料環境セミナー]シリーズ・再生可能エネルギーで地域再生

最終更新日: 2013年12月12日

タグ: ,

原子力発電が危険でやっかいなものであるという事は、3.11以来、白日の下に晒されています。にもかかわらず、政府は伊方原発の再稼働を急速に進めています。
脱原発の実現にむけて、新しいエネルギーシステムの確立が大きな課題となっています。再生可能エネルギーを生かした地域の再生に注目が集まっています。
グローバル資本主義を推し進めた日本社会。その先にみえたのは、環境破壊、健康被害、そして、地域社会の崩壊でした。
地域で生まれ、根ざし、地域を活性化する再生可能エネルギー。分散型のエネルギーシステムの構築の試みです。グローバルからローカルへの転換。その可能性をさぐりたいと思います。
福島の悲劇を二度と繰り返さないために。そして、子ども達が安心して暮らせる未来へ希望をつなぐ為、学び、考えたいと思います。
チラシはこちら

① 「 風力発電と地域 」
2014年2月26日(水)午前10時30分~12時
龍谷大学 経済学部 教授 松岡 憲司さん

②  「 原発地元の地域再生 」と「 電力市場のからくり 」
2014年3月26日(水)午前10時30分~12時
関西学院大学 総合政策学部 准教授 朴 勝俊さん

●会 場:神戸学生青年センターホール

●参加費:600円
※託児(無料)があります。必要な方は2日前までに予約してください。
● 主 催 : 神戸学生青年センター

朝鮮語・韓国語講座 新年交流会

最終更新日: 2013年12月12日

タグ:

朝鮮語・韓国語講座 新年交流会を開催します

2014年1月18日(土)午後1時~3時
場 所:神戸学生青年センター ホール
参加費:1500円

講座の受講生・講座のOB・自主クラスの方以外にも朝鮮語に興味をもつ方大歓迎です。
学生センター事務室へ、1月15日までに参加申し込みお願いします。

朝鮮語・韓国語<会話クラス>

最終更新日: 2013年12月12日

<会話クラス>2014年1月10日 スタート

金曜日 午前10時~12時 全10回
毎週金曜日〈1月~3月までの間10回授業を行います。2/7、3/21は休講です〉
対象:3-5年程度の学習歴のある方、中・上級を目指す方
開講日:2014年1月10日(金)午前10時~12時、定員:10名
受講料:入会金:3000円(継続の方、再入会の方は必要ありません)
受講料:1 – 3月 全10回 15,000円
いったん納入された受講料はクラスが成立しなかった場合を除き、お返しできません
申し込み:直接事務室までおこしください。または、郵便・FAX・E-mailでもお申込みできます。

[キリスト教セミナー]若手研究者による東アジアキリスト教史研究

最終更新日: 2013年12月12日

日本のキリスト教史を考えるとき、アジアのキリスト教史との関連を抜きには考えられません。若い研究者によって新しい歴史事実が掘り起こされ、研究がより重層的に進められています。今回、関西学院大学神学部在学/卒業の新進気鋭の東アジアキリスト教史研究者の研究成果を発表していただくセミナーを開催することになりました。ふるってご参加ください。

チラシはこちら

① 2014年2月21日(金)午後6時30分
「中国におけるキリスト教本色化(土着化)運動-1920年代を中心に」
福岡女学院大学准教授 徐 亦猛さん

② 3月14日(金)午後6時30分
「日本メソヂスト教会の樺太伝道」 
関西学院大学大学院 大和 泰彦さん

③ 3月28日(金)午後6時30分
「中国朝鮮族教会の形成と現状」
在日大韓基督教東神戸教会伝道師 韓 承哲さん

④ 4月11日(金)午後6時30分(予定)
「日本聖公会の在朝日本人伝道(1880年-1945年)」
延世大学神学部大学院博士課程 松山 健作さん

会場:神戸学生青年センター TEL 078-851-2760
(阪急六甲下車徒歩3分、JR六甲道下車徒歩10分)
参加費:600円
主催:神戸学生青年センター

このページのトップヘ戻る↑