林賢宜さんの韓国料理教室2018秋~冬

最終更新日: 2018年07月18日

家庭料理から宮廷料理まで幅広くレシピをもち、その数はなんと200種類以上。韓国食文化のお話もたくさんうかがえます。韓国料理が好きな方、韓国に関心のある方、男性の参加も大歓迎です!!

□■□講師プロフィール□■□
林賢宜(イム・ヒョンウィ)さん
ソウル出身、結婚後日本在住。現在は韓国料理・韓国語など多数の講座の講師を務めている。

10月6日のメニュー  <なすとささみの冷菜・パッチュッ(小豆のおかゆ)>
12月15日のメニュー <白菜入りのチヂミ・ニンニク入り鶏肉炒め>
2月2日のメニュー  <トッマンドゥ(ギョウザ入りトック・コチュジャン入りチヂミ>

チラシはこちら(メニューの写真あり)

会 場  :神戸学生青年センター・キッチン付会議室
開催日時:2018年 10/6(土) / 12/15(土)第3土曜 / 2/2(土)
※11月、1月はお休みです
いずれの回も 10:30~14:00
参加費 :3000円 / 回
持ち物  :エプロン、タオル(1、2枚)、お箸(食事用)
お申込み締切:各回 3日前まで (定員10名 / 5名を下回った場合は開講しません)

主催:お問い合わせ
(公財)神戸学生青年センター
〒657-0064神戸市灘区山田町3-1-1
TEL078-851-2760/FAX078-821-5878/Email:info@ksyc.jp

荒井とみよさん講演会

最終更新日: 2018年07月11日

荒井とみよさん・講演会
※7月5日(木)の講演会が大雨のため以下のように延期にとなりました。

日時:2018年7月26日(木)午後6時半

会場:神戸学生青年センター TEL 078-851-2760
(阪急六甲下車徒歩3分、JR六甲道下車徒歩10分)

「七冊の従軍手帳—-山本敏雄氏の講演に続けて」

講師:荒井とみよさん
(神戸・南京をむすぶ会会員、元大谷大学文学部教授)
(『中国戦線はどう描かれたか―従軍記―』2007.5 岩波書店 著者)
参加費:500円

——————————————

荒井とみよさんは、日本近代文学研究者。『女主人公の不機嫌―樋口一葉から富岡多恵子まで』(2001.7、 双文社出版)、『中国戦線はどう描かれたか―従軍記―』(2007.5 岩波書店)、『詩人たちの敗戦』(2016.4、 編集工房ノア)などの著書がある。今回の講演会のテーマと関連する『中国戦線はどう描かれたか―従軍記―』では、林芙美子、岸田國士、丹羽文雄、石川達三、里村欣三、火野葦平、佐藤春夫、山本武、東史郎らの従軍記をとりあげている。
「作家の従軍記は戦争体制に協力した、しないで論じられることが多かった。そういう視線からテキストを解放しようとしてやってきた作業だが、元兵隊たちの記録は私を背後から支えてくれるようだった。誰もがこれを書かずには死ねないという体験。それがあの戦争だったのだと彼らは熱く語りかける。この体験を次の世代の人たちに伝えたい、伝えなければならないと彼らはわたしの中で主張し始めた。」(あとがき)
その中の山本武は、神戸・南京をむすぶ会が昨年12月7日に開催した講演会「父の証した記憶をたどって」の講師山本敏雄さんの父である。今年も神戸・南京をむすぶ会は8月13日から南京常徳廠窯を訪問する。更に日本の中国侵略の問題を掘り下げていきたい。

主催・問い合わせ先:神戸・南京をむすぶ会
(代表:宮内陽子、副代表:門永秀次、林伯耀)
〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1
神戸学生青年センター内
TEL 078-851-2760 FAX 078-821-5878
http://ksyc.jp/ e-mail hida@ksyc.jp

後援:神戸学生青年センター

[高作先生と学ぶ会]2018年度

最終更新日: 2018年05月22日

今年度は金曜夜にお引越し

1. 2018年 5月18日(金)
「『米軍基地爆音訴訟の現在』を知る」

2. 2018年 6月15日(金)
「『押しつけ憲法論』と日本国憲法の正当性」

3. 2018年 7月20日(金)
「公権力によるプライバシー情報の収集・集積と共謀罪社会」

チラシはこちら

講 師 : 関西大学法学部教授 高作正博さん
開催場所:神戸青年学生センター会議室D
開始時間:18:30~21:00
参加費: 一般 1,000円  若もの 500円
(公財)神戸学生青年センター・「高作先生と学ぶ会」共催

アジアの布と女性の手仕事展2018

最終更新日: 2018年05月21日

アジアの布と女性の手仕事展2018年

2018年5月17日(木)~31日(木)
9:00~22:00 OPEN

インドネシア、フィリピン、タイ、ネパールの布、
製品がたくさんならんでいます。

KOBE SACHI PATCHWORK QUILT 荒金サチ子個展~針と友に~

最終更新日: 2018年05月15日

荒金サチ子さんの個展が神戸学生青年センターロビーで開催されます。
日程 2018年6月2日(土)~4日(月)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[食料環境セミナー]2018年4月~7月

最終更新日: 2018年04月17日

「放射能汚染から8年目へと向かう~放射能を学び、福島の今を知る~」

「測定から見える放射能汚染」
2018年4月25日(水)午前10時30分~12時
阪神・市民放射能測定所 代表 安東 克明さん

原発事故後、避難されたママさんたちとの出会いがきっかけで開設された阪神・市民測定所では、依頼された測定や自主測定を通じ、食品、衣類、肥料、木材、土壌など3000件近くの測定を行い結果を公開してきました。その結果から避難者だけでなく多くの人々が食材等の放射能汚染の実態を知り安全を確認、食卓の安心を得ることができました。日々、避難者や生産者の方々と接し向き合っておられる測定所代表の安東さんにお話をうかがいます。

「 放射能って何? 」
2018年5月23日(水)午前10時30分~12時
食の安全と環境問題の元科学者 三原 翠さん

日本の放射能汚染状況を知るために東北、関東などの各地の土壌測定を続けておられる三原翠さんは40年にわたり食の安全と環境問題に関わるお仕事に携わってこられました。もともと東京にお住まいでしたが数年前から神戸にもお住まいを持たれ、東京と行き来する中、汚染区域で暮らす方々や避難者の方々に寄り添う厚い支援も続けておられます。放射能や内部被曝の事など科学者の観点からの専門的な研究、情報のみならず、私達にとって難解な放射能、放射線、その影響を分かりやすく解説してくださいます。

「 原発事故後を生きる私たち 」
2018年6月27日(水)午前10時30分~12時
いわきの初期被曝を追及するママの会 代表 千葉 由美さん

千葉さんはいわき市で事故後、母親同士のネットワークを立ち上げました。2013年開始の子供たちを被曝から守るための活動「TEAMママべク子どもの環境見守り隊」では、保育所、幼稚園、小・中・高校の校庭やその周辺の放射線量の測定を週に2回行い、現在も継続中です。又、不安に思う人々が孤立しないように繋がり交流するコミュニテイの場として「ママcaféかもみーる」を定期的に開催し汚染地で暮らす人々の支えの場となっています。目に見えない放射性物質と戦う千葉さんのこの7年間の奮闘と今・・その現状をお聞きします。

 

「 福島から母子避難7年『避難の権利』と憲法
〜国連人権委員会で世界に伝えた母たちの願い・子どもたちを被ばくから守って!〜」
2018年7月25日(水)午前10時30分~12時
(原発賠償関西訴訟原告団代表)東日本大震災避難者の会Thanks&Dream 代表 森松 明希子さん

原子力発電所の事故による今も続く数々の人権侵害について、2018年 3月に国連人権理事会でスピーチをされたことは、マスコミでも取り上げられましたのでご存知の方も多いことでしょう。「放射能被曝から逃れ健康を享受する権利」「平和に生きる権利」の確立を求めての活動および、国連での訴えについてお話いただきます。

ちらしはこちら

●会場:神戸学生青年センターホール
(阪急六甲下車徒歩3分、JR六甲道下車徒歩15分)
●参加費:600円 ※託児(無料)があります。
必要な方は前々日までに予約してください。
●主 催 : (公財)神戸学生青年センター
〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1
TEL 078-851-2760  FAX 078-821-5878
ホームページ http://ksyc.jp  e-mail info@ksyc.jp

[土曜ティーサロン]2018年6月~2019年3月

最終更新日: 2018年04月17日

土曜ティーサロン2018年

毎回興味深いお話が聞ける会です。
参加費不要。
毎月第1土曜 3時は学生センター土曜ティーサロンへ行こう!!

※毎回30分のお話に続いて30分程度お茶とお菓子を楽しみながら歓談します。

第39回2018年6月2日(土)15:00~16:00
「台湾の歩き方」
余旻軒さん(日本語サロン学習者)

第40回2018年7月7日(土)15:00~16:00
大雨のため延期となりました→2019年3月2日
「ウズベキスタンの歩き方」
浦野俊夫さん(JICAシニアボランティア)

第40回2018年9月1日(土)15:00~16:00
「カリブ海の歴史ある国ードミニカ共和国で得たもの」
竹田ゆり子さん(JICA兵庫シニアOV会)

第41回2018年10月6日(土)15:00~16:00
「イランの歩き方~首都テヘランの日常とイスラム~」
Nahid Mirzakhaliliさん(語学講師他)

11月はお休みです。

第42回2018年12月15日(土)15:00~16:00
~現在調整中~

今回のみ第3土曜です。ご注意ください。

1月はお休みです。

 

第43回2019年2月2日(土)15:00~16:00
「船で世界一周」
安藤真子(神戸大学大学院国際協力研究科修士課程2年)

第44回2019年3月2日(土)15:00~16:00
「ウズベキスタンの歩き方」
浦野俊夫さん(JICAシニアボランティア) 

 

*土曜ティーサロンでお話してくださる方を募集しています。
謝礼5000円です。ご応募お待ちしています。

[主催・お問い合わせ]
(公財)神戸学生青年センター
TEL078-851-2760 FAX078-821-5878

[朝鮮史セミナー]1948年の済州四・三、神戸四・二四

最終更新日: 2018年04月17日

第1回 2018年4月24日(火)午後6時半~8時
「済州島四・三事件
―武装蜂起から70年:問題解決の到達点と課題―」
文京洙さん(立命館大学教授)

1950年東京に生まれる。1980年、法政大学大学院社会学研究科修士課程修了。国際基督教大学助手などを経て、1994年、立命館大学国際関係学部教員。博士(地域政策学)。国際高麗学会日本支部理事。専攻は政治学、韓国現代史。主な著書に、『済州島現代史―公共圏の死滅と再生』(新幹社、2005年)、『韓国現代史』(岩波新書、2005年)、『在日朝鮮人問題の起源』(クレイン、2007年)、『済州島四・三事件-「島(タムナ)のくに」の死と再生の物語』(平凡社、2008年)、『在日朝鮮人 歴史と現在』(共著、岩波書店、2015年)、『新・韓国現代史』(岩波書店)。

第2回 2018年4月26日(木) 午後6時半~8時
「四・二四阪神教育闘争の証言
―なぜドキュメンタリー映画を撮るのか―」
高賛侑さん(ノンフィクション作家。ライフ映像ワーク代表)

1947年生まれ。朝鮮大学卒。文芸活動に従事しつつ、詩・小説の創作、演劇の脚本・演出多数。朝鮮関係月刊誌『ミレ(未来)』編集長を経て、現在、ノンフィクション作家。園田学園女子大学公開講座講師。国際高麗学会会員。「自由ジャーナリストクラブ」世話人。主な著書に、『国際化時代の民族教育―子どもたちは虹の橋をかける』(東方出版、1996年)、『異郷暮らし(タヒャンサリ)―在日する韓国・朝鮮人の肖像』(毎日新聞社、2003年)、『ルポ 在日外国人』 (集英社、2010年)、『在日二世の記憶』 (共編著、集英社、2016年)。

会場:神戸学生青年センター
参加費:600円

主催・問い合わせ先
公益財団法人 神戸学生青年センター
〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1
TEL 078-851-2760 FAX 078-821-5878

林賢宜さんの韓国料理教室2018年6月~9月

最終更新日: 2018年03月31日

家庭料理から宮廷料理まで幅広くレシピをもち、その数はなんと200種類以上。韓国食文化のお話もたくさんうかがえます。韓国料理が好きな方、韓国に関心のある方、男性の参加も大歓迎です!!

□■□講師プロフィール□■□
林賢宜(イム・ヒョンウィ)さん
ソウル出身、結婚後日本在住。現在は韓国料理・韓国語など多数の講座の講師を務めている。

6月2日のメニュー  <味付き豚足・青菜の水キムチ・豆もやしごはん>
7月7日のメニュー <キムチクッ(キムチのスープ)・じゃことしし唐の炒め>
9月1日のメニュー  <タッカルビ(鶏カルビ)・れんこんチヂミ>

チラシはこちら(メニューの写真あり)

会 場  :神戸学生青年センター・キッチン付会議室
開催日時:2018年 6/2(土) / 7/7(土) / 9/1(土)
※8月はお休みです
いずれの回も 10:30~14:00
参加費 :3000円 / 回
持ち物  :エプロン、タオル(1、2枚)、お箸(食事用)
お申込み締切:各回 3日前まで (定員10名 / 5名を下回った場合は開講しません)

主催:お問い合わせ
(公財)神戸学生青年センター
〒657-0064神戸市灘区山田町3-1-1
TEL078-851-2760/FAX078-821-5878/Email:info@ksyc.jp

韓国語手話講座2018年春

最終更新日: 2018年02月22日

あなたの両手とからだと顔で、韓国語手話を覚えませんか?
韓国語手話講座

チラシはこちら

講師紹介:アンダンテ サンヨンさん
韓国ソウル出身
現在は外国語専門学校で韓国語と韓国語の手話を教えている。

開催日 2018年  5/7、14、21、28、6/4、11、18、25、7/2、9
毎週月曜日18:30~20:00

会 場  神戸学生青年センター・会議室
受講料 14,000円(10回分)/大学生以下7,000円
*講座には手話通訳がつきます
定 員  15名
※3名を下回った場合は開講しません
対 象  ある程度韓国語がわかる方
韓国ろうあ者と交流がしたい方
韓国ろうあ者の観光案内をしたい方など
申込み  4/30(月)までに下記問い合わせ先まで

主催・お問い合わせ
(公財)神戸学生青年センター
TEL078-851-2760/FAX078-821-5878
http://ksyc.jp/ Email:info@ksyc.jp

このページのトップヘ戻る↑