「ミャンマー民主化への道」民主活動家のお話と映画

最終更新日: 2019年08月03日

ミャンマー民主化への道
民主活動家のお話と映画

チラシはこちら

日 時:2019年9月1日(日)14:00~16:00

場 所:神戸学生青年センター
阪急六甲駅より北東へ徒歩3分

共 催:神戸学生青年センター&ミャンマー関西

入場カンパ:1000円

 

[食料環境セミナー]水道民営化で水はどうなるのか

最終更新日: 2019年07月25日

水道民営化で水はどうなるのか

日時:2019年9月25日(水)10時30分~12時

講師:橋本淳司さん

昨年12月に改正水道法が成立しました。これまで各自治体が担ってきた水道事業の供給責任、施設の所有権は維持しながらも、その運営権を民間企業に売却する「コンセッション方式」が選択できるようになりました。
民間企業の資本や経営手法を利用して、水道事業の経営負担を回避することが目的ですが、料金の高騰、水質の悪化、災害対応の懸念、さらには命に直結するインフラを海外企業に掌握されるリスク、採算が取れなければ冷酷に撤退されるリスクもあります。
講師の橋本氏は「水道法改正」の国会審議では参考人として発言し、『水道民営化で水はどうなる』(岩波ブックレット)の著者でもあります。生きる上で欠かせない水という資源をどう捉えるべきなのか、公共の福祉を侵害する経済論理、世界における水道の再公営化の動きも含めて、一緒に考えてみましょう。

橋本 淳司(はしもとじゅんじ)
1967年、群馬県生まれ。学習院大学卒業。
水ジャーナリストとして水問題やその解決方法を調査、発信。アクアスフィア・水教育研究所代表として、自治体・学校・企業・NPO・NGOと連携しながら、「みずから考える人」、「水を語れる人」を育成するなど、水問題を水リテラシーの普及活動(国や自治体への政策提言やサポート、子どもや市民を対象とする講演活動、啓発活動のプロデュース)を行う。
現在、水循環基本法フォローアップ委員会委員、NPO法人ウォーターエイドジャパン理事、NPO法人地域水道支援センター理事。

●会場:神戸学生青年センターホール
(阪急六甲下車徒歩3分、JR六甲道下車徒歩15分)
●参加費:600円 ※託児(無料)があります。
必要な方は前々日までに予約してください。
●主 催 : (公財)神戸学生青年センター
〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1
TEL 078-851-2760  FAX 078-821-5878
ホームページ http://ksyc.jp
e-mail info@ksyc.jp

2019年秋・韓国語手話講座

最終更新日: 2019年07月25日

2019年秋・韓国語手話講座

チラシはこちら

無声言語の世界に触れあう言葉の世界へどうぞ♪
あなたの言葉に、新たな触れ合う言語を身につけませんか?
心に平和を自分の教養を発展させていきましょう。
隣の国の非音声言語で、今まで感じなかった韓国の無声言語である
「韓国語手話」を一緒に体験していきましょう♪
どなたでも年齢と関係なく楽しく指文字から簡単な日常生活の会話まで、
すぐに活用できる講座です。
韓国語が少しでも触れたことがある方は、すぐに覚えられますょ♪

講師紹介:アンダンテ サンヨンさん
韓国ソウル出身
現在は外国語専門学校で韓国語と韓国語の手話を教えている。

開催日:2019年 11/1、11/8、11/22 金曜日 全3回

開催時間:19時~20時半

参加費:5000円

※3名を下回った場合は開講しません(10/25締切)

お申込み・問い合わせ:(公財)神戸学生青年センター
TEL078-851-2760/FAX078-821-5878
http://ksyc.jp/ Email:info@ksyc.jp

林賢宜さんの韓国料理2019年秋

最終更新日: 2019年07月06日

家庭料理から宮廷料理まで幅広くレシピをもち、その数はなんと200種類以上。韓国食文化のお話もたくさんうかがえます。韓国料理が好きな方、韓国に関心のある方、男性の参加も大歓迎です!!

□■□講師プロフィール□■□
林賢宜(イム・ヒョンウィ)さん
ソウル出身、結婚後日本在住。現在は韓国料理・韓国語など多数の講座の講師を務めている。

10月5日のメニュー <なすとささみの冷菜・えごまの葉っぱのしょうゆ漬け>
11月2日のメニュー <韓国風おからのチゲ・クラゲのからし和え>
12月7日のメニュー  <白菜のキムチ・大根のキムチ・豆もやしごはん>

チラシはこちら(メニューの写真あり)

12月キムチの回は、浅漬け白菜キムチと豆もやしごはんを作った後にたべます。
大根キムチは持ち帰り、白菜キムチも持ち帰り用があります。

会 場  :神戸学生青年センター・キッチン付会議室
開催日時:2019年 10/5(土) / 11/2(土) / 12/7(土)
いずれの回も 10:30~14:00
参加費 :3000円 / 回  ※12月のキムチの回のみ3500円
持ち物  :エプロン、タオル(1、2枚)、持ち帰り用ビニール袋(メニューが汁物の場合はふたのできる容器)
お申込み締切:各回 3日前まで (定員10名 / 5名を下回った場合は開講しません)

主催:お問い合わせ
(公財)神戸学生青年センター
〒657-0064神戸市灘区山田町3-1-1
TEL078-851-2760/FAX078-821-5878/Email:info@ksyc.jp

在日朝鮮人「慰安婦」被害者 宋神道(そんしんど)さんを心に刻む

最終更新日: 2019年06月29日

在日朝鮮人「慰安婦」被害者宋神道(そんしんど)さんを心に刻む
写真展と講演・映画 2019年8月18日~27日

チラシはこちら

【写真展】
「宋神道さんを心に刻む」
8/18(日)~27(火)
8:30~22:30 (最終日のみ17時まで)
入場無料
場 所:神戸学生青年センター・ロビー

【集会】
「神戸市外国人差別解消条例制定の意義と課題」
8/23(金)18:30~ (開場18時)
講 師:文公輝さん(NPO法人多民族共生人権教育センター)
参加費:500円(学生300円)
場 所:神戸学生青年センター・ホール

【記念講演】
8/25(日)14:00~(開場13:30)
川田文子さん「宋神道さんを歴史に刻むということ」
参加費:800円(学生500円)
場 所:神戸学生青年センター・ホール

【映画上映】
8/25(日)11:00~ / 18:00~ 2回上映(開場30分前)
「オレの心は負けてない」(上映時間95分)
参加費:500円(学生無料)
場 所:神戸学生青年センター・ホール

主催:「慰安婦」問題を考える会・神戸
すべての人に尊厳と人権を!ヘイトクライムをなくそう!神戸連絡会
協賛:神戸学生青年センター

■問い合わせ先■
080-6107-8485(考える会神戸)

映画「女を修理する男」上映会

最終更新日: 2019年06月24日

映画「女を修理する男」上映会

紛争下の性暴力防止を訴えてきたコンゴ人婦人科医、ムクウェゲ医師
(2018年ノーベル平和賞受賞)と女性たちのドキュメンタリー映画(112分)

チラシはこちら

日時:2019年8月4日(日)
①11:00~ ②13:30~ ③17:00~(3回上映)

①11:00~ ②13:30~ ③17:00~ すべての回、満席になりましたので受付終了いたしました。

キャンセル待ちを受付いたします。メールのみの受付となります。ご了承ください。

メールはdrcwn84@gmail.com

タイトルに「キャンセル待ち希望」と入れてください。
後日、ご連絡を差し上げます。

 

≪シネマトーク≫ 15:45~
 杉山精一先生(神戸市外国語大学総合文化コース准教授)
*プロフィール*
教養科目等の他、ルワンダでの研究活動を行い、平和や共生をテーマにした講演会や映画の上映会等を行う。2016年6月に兵庫県内で初めて「女を修理する男」自主上映会を神戸市外国語大学で開催。2018年11月にも同上映会を実施。
≪ちょこっと感想カフェ≫(感じたことを話したり聞いたりのシェア会です…お茶付き)16:15~

参加費:一般1000円  学生500円
会場:神戸学生青年センター 1F ホール(阪急六甲駅より北東へ徒歩3分)
主催:「女を修理する男」上映実行委員会
共催:神戸学生青年センター
後援:テラ・ルネッサンス one village one earth 国連人道問題調整事務所(OCHA)神戸事務所
JICA関西 神戸YMCA アジア福祉教育財団難民事業本部 久野武志(報道写真家) 神戸市

※一部刺激の強い描写もございます。12歳以下のお子様のご鑑賞は、保護者の方自主的なご判断をお願いいたします。

※託児をお申し込みの方は7/20までに下記メールアドレスへお問い合わせください。

■要事前予約■
お申込みフォームはこちらからお進みください。
あるいはメール:drcwm84@gmail.com TEL078-851-2760(神戸学生青年センター)

 

[朝鮮史セミナー]ドキュメンタリー映画「血筋」神戸上映会

最終更新日: 2019年05月28日

ドキュメンタリー映画「血筋」神戸上映会

中国の歴史に翻弄されながら生き延びた朝鮮族の家族を通して見る、中国朝鮮民族自治州・延吉の「今」を描いたドキュメンタリー映画

日時:2019年7月2日(火)午後7時

終了後、監督を囲む会があります。8時40分終了予定。

会場:神戸学生青年センターホール
TEL 078-851-2760 阪急六甲下車徒歩3分、JR六甲道下車徒歩10分

料金:700円

題名:핏줄/Indelible/血筋/監督・撮影・編集:角田龍一/音楽:郷古 簾/プロデューサー:角田龍一、山賀博之

言語:朝鮮語、日本語、中国語/製作年:2018年/上映時間:1時間12分/料金:700円

※■角田龍一 監督 1993年、中国朝鮮民族自治州・延吉で生まれ、10歳で日本へ移住。新潟県立大学卒業。専攻は比較文化学。在学中に長期休暇を利用し、本作品を制作する。自身の作品を制作する傍ら、他の映画製作にもスタッフとして関わっている。

チラシはこちら

解放出版社展示販売会開催

最終更新日: 2019年05月21日

ロシナンテ社協賛
解放出版社展示販売会開催中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開催:2019年5月21日~6月20日

OPEN:9:00~22:00

アジアの女性の布と小物の物語

最終更新日: 2019年05月21日

アジアの女性の布と小物の物語展2019開催中

開催:2019年5月20日~6月21日
OPEN 9:00~22:00 
6/8(土)13時~17時 スタッフ在廊

 

 

 

 

 

 

 

詳細はこちらをごらんください。

【イベント】アジアの女性の布と小物の物語(5/20-6/21)

[朝鮮史セミナー]兵庫・コリアンの歴史の一断面ー三宮、新湊川、武庫川ー」

最終更新日: 2019年04月16日

「兵庫・コリアンの歴史の一断面 ―三宮、新湊川、武庫川―」

ちらしはこちら

1)6月14日(金)午後7時
「三宮―闇市からの復興」
村上しほり さん(㈱スペースビジョン研究所 研究員)

(村上さんは『 神戸 闇市からの復興―占領下にせめぎあう都市空間』(慶応義塾大学出版会、2018.11)を出されました。そこには「闇市からの復興」をテーマに戦後の神戸の歴史が多面的に描かれています。闇市にコリアンも大きく関係しておりその様子も丁寧に書かれています。セミナーでは、「コリアン」に焦点をあててお話しいただきます。)

 

2)6月28日(金)午後7時
「新湊川のコリアンスラム」
本岡拓哉 さん(立正大学嘱託職員)

(本岡さんは『「不法」なる空間にいきる:占拠と立ち退きをめぐる戦後都市史』(大月書店、2019.4)をまとめられました。この本は表題のとおり多面的に「占領と立ち退き」をめぐる問題を論じています。具体的には広島太田川などとともに、神戸新湊川のケースが取り上げられています。セミナーでは、新湊川「大橋の朝鮮人部落」の生成と拡大、消滅、その後の居住者の動向が描かれています。この新湊川のコリアンに焦点をあててお話しいただきます。)

3)7月12日(金)午後7時
「武庫川河川敷のコリアンスラム―1961年の強制代執行―」
孫敏男(ソン・ミンナム) さん(兵庫在日外国人人権協会代表)

(孫さんは川西市にコリアンとして採用され、全国で初めて外国人として管理職となったことがマスコミでも取り上げられました。武庫川河川敷にはコリアン、沖縄出身者等が生活していましたが、1961年、強い抗議行動のなか強制代執行が行われました。その代執行の直前まで河川敷で生活していた孫さんに、河川敷での生活、代執行後のことなどを語っていただきます。)

 

●会場:神戸学生青年センター
●参加費:600円

●主催:公益財団法人 神戸学生青年センター
〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1
TEL 078-851-2760 FAX 078-821-5878

このページのトップヘ戻る↑