林賢宜(イム・ヒョンウィ)さんの韓国料理教室2015秋

最終更新日: 2015年08月22日

林賢宜(イム・ヒョンウィ)さんの韓国料理教室
2015年10月~12月参加募集中

家庭料理から宮廷料理まで幅広くレシピをもち、その数はなんと200種類以上。韓国食文化のお話もたくさんうかがえます。韓国料理が好きな方、韓国に関心のある方、男性の参加も大歓迎です!!

□■□講師プロフィール□■□
林賢宜(イム・ヒョンウィ)さん
ソウル出身、結婚後日本在住。現在は韓国料理・韓国語など多数の講座の講師を務めている。

10月3日のメニュー <韓国みそ鍋・じゃがいもと黒ゴマのジョン>
10月31日のメニュー <韓国の海苔巻(キムパ)・じゃがいものスープ>
12月5日のメニュー <とうふチョンゴル鍋・レンコンの韓国風煮物>

チラシはこちら(メニューの写真あり)
会 場  :神戸学生青年センター・キッチン付会議室
開催日時:2015年  10/3(土) / 10/31(土) /  12/5(土)
いずれの回も 10:30~14:00
参加費 :3000円 / 回
持ち物  :エプロン、タオル(1、2枚)、お箸(食事用)
お申込み締切:各回 3日前まで (定員10名 / 5名を下回った場合は開講しません)

主催:お問い合わせ
(公財)神戸学生青年センター
〒657-0064神戸市灘区山田町3-1-1
TEL078-851-2760/FAX078-821-5878/Email:info@ksyc.jp

[食料環境セミナー]シリーズ・変わっていく、子供たちをとりまく環境

最終更新日: 2015年07月23日

今日、子供たちをとりまく環境は益々激しく変化している。食物アレルギー問題をはじめ、所得格差による貧困層の増加は、子供たちはもちろん家族構成員の崩壊にもつながっている。増え続ける貧困層、そんな社会において、人々の助け合い・コミュニケーションはとても大切になってきます。しかし、「一人でがんばらんでええねんで!」「助けてって言ってもええねんで」の思いをどうすれば困っている子供たちや、そのお父さんお母さんに届けられるのか。社会の相互扶助・相互理解というものを考えてみる。
スマートフォンをめぐるトラブルの低年齢化がエスカレートしている。性犯罪被害、課金サービスの高額請求、LINEによるいじめ、過度の依存。親の知らないところで深刻化する問題に対し、いま、全国の小中学校では所持や利用を規制するルール作りが始まっている。しかし、改善は道半ば。問題の所在への大人の認識もバラバラだ。スマホの利用規制に乗り出した自治体などでは、リテラシーを育てる機会も必要だという声も上がっている。スマホの浸透に振り回される子供、大人。この「便利過ぎる」道具とどう付き合っていくのか、「スマホの規制」を通して社会の覚悟を問う。

「 子どもの貧困、負の連鎖を止めるために 」
2015年9月30日(水)午前10時30分~12時、第5週目の水曜日
大阪子どもの貧困アクショングループ 代表 徳丸 ゆき子さん

「スマホ時代の大人が知っておきたいこと」
2015年10月28日(水)午前10時30分~12時
兵庫県立大学環境人間学部 准教授 竹内 和雄さん

「親と子どものための食物アレルギー 予防から治療まで」
2015年11月25日(水)午前10時30分~12時
同志社女子大学生活科学部 特任教授 伊藤 節子さん

「 和食の魅力と、次世代に継承することの意義 」
 2015年12月16日(水)午前10時30分~12時、第3週目の水曜日
関西福祉科学大学客員教授 的場 輝佳さん

●会場:神戸学生青年センターホール TEL 078-851-2760
(阪急六甲下車徒歩3分、JR六甲道下車徒歩15分)
●参加費:600円
※託児(無料)があります。必要な方は前々日までに予約してください。
● 主 催 : 神戸学生青年センター
〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1
TEL 078-851-2760 FAX 078-821-5878

[食料環境セミナー]7月講師変更のお知らせ

最終更新日: 2015年07月21日

7月の食料環境セミナーは講師&テーマともに変更しています。
ご注意ください。

2015年7月22日(水) 10:30~12:00

平和と環境の大切さを伝えるさまざまな活動をしておられる

Bahram Enanloo(バハラム イナンル)さん NPO法人Peace & Nature代表

にお話をうかがいます。

高作先生と学ぶ会2015年秋

最終更新日: 2015年07月14日

高作先生と学ぶ会9月~11月

1: 9月26日(土)18:00~20:30 会議室A
「日の丸・君が代の戦後と現在」

2:10月25日(日)14:00~16:30 ホール
「マイナンバー制度」とプライバシー

3:11月27日(金)18:00~20:30 ホール
「民主主義における自己決定と地方自治・日米地位協定ーシンポジュームに参加して」

参加費:一般1,000円 若もの500円
会 場:神戸学生青年センター
お問い合わせ:TEL078-851-2760

高作先生と学ぶ会(共催)
チラシはこちら

農塾これまでの記録

最終更新日: 2015年07月06日

農塾

1994年 第1期

1 5/13 日本の農業と農政 保田茂
2 5/20 有機農業の米づくり 一色作郎
3 5/27 有機農業の野菜づくり 渋谷冨喜男
4 6/10 産消提携の面白さ 尾崎零
5 6/17 有機農業の養鶏 渡辺省悟
6 6/18 ほ場見学及び実習 丹南町有機農業実践会、市島町有機農業研究会
7 7/1 旬を生かした料理 山根成人
8 7/8 村のくらしの心得 本野一郎

続きを読む

[土曜ランチサロン]2015年10月~12月

最終更新日: 2015年06月24日

毎回楽しいお話満載です。楽しいお話のあとは、各自持参したお弁当を食べながらの歓談です。お味噌汁、お茶は学生センターが準備します。みなさん、気軽にご参加ください。

会場:神戸学生青年センターキッチン付会議室 / 参加費:無料 /
申込み:不要 / 定員:20名

第12回 2015年10月17日(土)「プサンの歩き方」
本田芳孝さん(宝塚市立宝塚中学校教員)

第13回 2015年11月21日(土)「セルビア・ベオグラードの歩き方」
ニニッチ・スラヴィツァさん(神戸大学大学院法学研究科博士課程後期課程)

第14回 2015年12月19日(土)「アテネとエーゲ海の島の歩き方」
矢萩桃骨さん(元教員)

お話をしてくださる方を募集中!!
お問い合わせは神戸学生青年センター078-851-2760まで

 

林賢宜(イム・ヒョンウィ)さんの韓国料理教室2015年夏

最終更新日: 2015年05月30日

林賢宜(イム・ヒョンウィ)さんの韓国料理教室
2015年5月~9月参加募集中

家庭料理から宮廷料理まで幅広くレシピをもち、その数はなんと200種類以上。韓国食文化のお話もたくさんうかがえます。韓国料理が好きな方、韓国に関心のある方、男性の参加も大歓迎です!!

□■□講師プロフィール□■□
林賢宜(イム・ヒョンウィ)さん
ソウル出身、結婚後日本在住。現在は韓国料理・韓国語など多数の講座の講師を務めている。

5月のメニュー <五色ナムルのからしソース和え・豆もやしご飯>
6月のメニュー <さきいかの韓国風味付・参鶏湯>
7月のメニュー <ビビン冷麺・えごま粉とえごま油の和え物>
9月のメニュー <三色煎・砂ずりの韓国風味付>

いずれの回もごはんがつきます。チラシはこちら(メニューの写真あり)
会 場  :神戸学生青年センター・キッチン付会議室
開催日時:2015年  5/28(木)・5/30(土) / 6/6(土)・6/11(木) /  7/4(土) ・7/9(木) / 9/5(土)・9/10(木)
いずれの回も 10:30~14:00
参加費 :3000円 / 回
持ち物  :エプロン、タオル(1、2枚)、お箸(食事用)
お申込み締切:各回 3日前まで (定員10名 / 5名を下回った場合は開講しません)

主催:お問い合わせ
(公財)神戸学生青年センター
〒657-0064神戸市灘区山田町3-1-1
TEL078-851-2760/FAX078-821-5878/Email:info@ksyc.jp

韓国語手話講座2015年夏

最終更新日: 2015年05月27日

タグ:

開講決定しました!!

あなたの両手とからだと顔で、韓国語手話を覚えませんか?
韓国語手話講座

チラシはこちら

講師紹介:アンダンテ サンヨンさん
韓国ソウル出身。
現在は外国語専門学校で韓国語と韓国語の手話を教えている。

開催日 2015年7/2、9、16、23、30
毎週木曜日19:00~20:30
会 場  神戸学生青年センター・会議室
受講料 5,000円(5回分)
定 員  15名
※3名を下回った場合は開講しません
対 象  ある程度韓国語がわかる方
韓国ろうあ者と交流がしたい方
韓国ろうあ者の観光案内をしたい方など
申込み  6/25(木)までに下記問い合わせ先まで

主催・お問い合わせ
(公財)神戸学生青年センター
TEL078-851-2760/FAX078-821-5878
http://ksyc.jp/ Email:info@ksyc.jp

 

[天皇制を考える市民講座2015]

最終更新日: 2015年04月16日

4/29これでいいのか安倍政権
―集団的自衛権・基地・改憲―

安倍自公政権の暴走はとどまるところを知らず、このままいけばこの政権によって日本はつぶされます。平和あってこその経済活動であり、暮らしであるはずです。安倍政権はそのことを保障してきた憲法をとんでもない内容のものに作り変えようと本気で動き出しました。来年の参議院選挙後に憲法改「正」を行うというスケジュールを発表したのです。改「正」の手始めに環境権を盛り込むというのですが、これは9条改正をいますぐすることは無理なので、憲法を変えるということに国民を慣れさせるためなのです。そもそも福島原発事故の収束も出来ていない状況下で原発の再稼働を国策として押し進めたり、原発の輸出に邁進する安倍政権に環境権を語る資格はありません。立憲主義も民主主義も近代憲法の成り立ち一切を無視して、1%の富裕層だけに都合のいい日本にしようとしていることに対して、もう私たちは黙っていることは出来ません。平和が脅かされ、戦争国家へ突き進もうとしている戦後最大の危機的状況の今、「これでいいのか安倍政権」と題して元衆議院議員の服部良一さんをお招きして新安保法制をめぐる動きを中心に講演いただき共に考えていきましょう。明るい展望もあります。オール沖縄の闘いによる沖縄知事選の勝利や佐賀、滋賀の知事選で県民が安倍政権にNOをたたきつけたことです。平和と民主主義を守り抜くには不断の努力をし続ける以外ありません。

 

と  き    2015年4月29日(水曜日・休)午後2時~

と こ ろ   神戸学生青年センター
(阪急六甲駅・東北徒歩3分)   TEL078-851-2761

講   師   元衆議院議員  服部良一さん
共   催   はんてんの会 ・ 神戸学生青年センター

参 加 費    700円

チラシはこちら

高作先生と学ぶ会 第2ラウンド始まる

最終更新日: 2015年04月16日

タグ:

「高作先生と学ぶ会」 第2ラウンドが始まります。

第1弾 「立憲主義から遠ざかる日本
―安全保障法制の批判的検討」

ますます「戦争する国」への道が安倍政権によって準備されつつあります。
日時 2015年5月30日(土) 14:30~17:00

 

第2弾 「宗教・移民・ライシテ
―シャルリー・エブド事件を考える」

テロは怖い、厳正に対処すべし、ということではなく、シャルリー・エブド事件(1月7日にフランスの週刊新聞「シャルリー・エブド」の事務所が襲撃され多数の死傷者が出た)の背景を考えることで、なぜ今があるのかを問い直します。
日 時 2015年6月27日(土)14:30~17:00

 

第3弾 「政治日程化する改憲論
――『慣れさせられる』主権者?」

その上で、今後出てくるであろう改憲論に対する視座を得ます。
日 時 2015年 7月25日(土)18:00~20:30 

 
場 所 神戸学生青年センター  会議室A  ※ 7月25日は ホール
参加費  一般 1000円  わかもの 500円
共催 神戸学生青年センター&「高作先生と学ぶ会」
問い合わせ先  078-851―2760 (神戸学生青年センター)

10 / 22« 先頭...89101112...20...最後 »
このページのトップヘ戻る↑