なんやか屋について

最終更新日: 2012年01月27日

タグ: , ,

「なんやか屋」とは、センターロビーにあるお店の名前です。あるときは古本屋、またあるときは雑貨屋になったりと、時と場合によって大きさも中身も変化するお店です。開店のきっかけは震災時、次々届く救援物資をロビーに並べ自由に持って帰ってもらえるよう工夫したことにはじまります。センターを訪れる人はかならずここを通るので、何かめにつくものを置こうじゃないか!ということで、その後、古本をおいたり、雑貨をおいたりしています。 古本に関しては、「古本市」のページをみてください。雑貨はほとんどが海外協力団体(NGO)のフェアトレード商品です。「なんやか屋」での売上は各団体へのサポートにもなります。

【取扱っている商品】

【お茶】

太陽油脂の石けん(地球にやさしい石けん)

石けん、ハミガキ、シャンプーなどのほか、基礎化粧品も一部あり。

共働学舎のトイレットペーパー(漂白剤を使わないトイレットペーパー)

ぜひ一度「なんやか屋」をのぞいてみてください。

その他のセミナーこれまでの記録

最終更新日: 2012年01月26日

タグ:

その他のセミナー記録

●1972年

婦人生活講座 第1期 生活の中で考えるⅠ
9.27 〈家庭生活〉私たちの生活は楽になるか 河上 民雄
10.4 〈食品公害〉どんな食物を選べばいいか 宮本 豊子
10.11 〈中国と日本〉中国における女性の一日 八木 節子
10.18 〈性〉「性の解放」と家庭 河野 博臣
10.25 〈親子〉親子の対話の原理 井上 敏明
11. 1 〈娯楽〉「流行歌」にみる今日の世相 小池 基信
11. 8 〈文学〉沖縄の文学-芥川賞作家・大城立裕の作品から 藤原 一二三

●1973年

 婦人生活講座 第2期 生活の中で考えるⅡ自然と人間
4.25 食品汚染のメカニズム 藤原 邦達
5. 9 自然・科学・人間 中岡 哲郎
5.16 瀬戸内海汚染の実態 讃岐田 訓
5.23 食品公害と住民運動 新井 通友
婦人生活講座 第3期 市民と健康
9.26 あなたのご主人の胃は? 五百蔵昭夫
10. 3 健康であるために 河野 博臣
10.17 私たちの呼吸器をおかすもの 高尾 延之
10.24 薬と健康-サリドマイド被害児をめぐって 田辺 二郎

続きを読む

13 / 13« 先頭...910111213
このページのトップヘ戻る↑