天皇制を考える講演会

最終更新日: 2012年09月03日

タグ:

天皇制を考える講演会

チラシ 20121123pae

日時:2012年11月23日(金)午後2時から
会場:神戸学生青年センター
講師:裴 富吉(ペエ・ブキル)さん

1947年 東京都生まれ、東京理科大学工学部経営工学科、中央大学大学院商学研究科博士課程で学んだ。1976年から札幌商科大学(現札幌学院大学)助教授・教授、上武大学教授、東京農業大学教授、大阪産業大学教授等。経済学博士(九州大学)。退職して研究、執筆活動。「社会科学としての経営学」研究家として出発し、専門領域である経営学にとらわれず、産業社会・経営思想の諸問題に取り組んでいる。埼玉県在住。 続きを読む

ロビープチギャラリーこれまでの展示

最終更新日: 2012年08月25日

<これまでの展示>
【2008.1.10(木)~1.31(木)】アトリエ太陽の子 防災・造形絵画展覧会
【2008.2.20(水)~2.26(火)】CODOスリランカのこどもたち絵画展
【2008.6.13(金)~6.22(日)】村山康文写真展-エイズとこどもたち~ベトナムからのメッセージ~
【2009.10.10(土)~10.18(日)】多賀健太郎絵画展
【2009.12.7(月)~12.13(日)】イラク風刺画展
【2010.1.8(金)~1.18(月)】ポーポキ・ピース・チャレンジ!フォトジャーナリスト森住卓 平和のための写真展
【2010.1.20(水)~1.23(土)】阪神淡路大震災[写真調べ学習]プロジェクトパネル展
【2010.1.26(火)~1.31(日)】久野武志 写真展「コンゴ民主共和国 消えゆく人々」
【2010.7.11(日)~15(木)】石田僚子さんと生きた20年WAKKUN原画展
【2010.10.20(水)~26(火)】多賀健太郎絵画展Vol.2
【2010.11.14(日)~21(日)】東アジアの虹の旅 北朝鮮・韓国・日本の子どもたちの絵画展
【2011.10.14(金)~23(日)】多賀健太郎絵画展Vol.3
【2012.1.13(金)~25(水)】アトリエ太陽の子 防災・造形絵画展覧会
【2012.10.5(月)~24(水)】多賀健太郎絵画展Vol.4
【2012.11.8(木)~15(木)】フォトジャーナリスト村山康文写真展「「The Beautiful Flowers~日韓越、60人の女子学生と辿る3か国の近現代史~」
【2012.11.18(日)~25(日)】 七十五年の記憶~幸存者の肖像~写真展 DAYS JAPAN関西サポーターズクラブ
【2013.2.25(月)~3.3(日)】「3.11被害力のメッセージ~気仙沼のいま~」写真展
【2013.10.12(土)~21(月)】多賀健太郎絵画展Vol.5
【2013.10.24(木)~30(水)】神戸平和マップ展
【2013.11.3(日)~11(月)】張雨均切り絵・書道作品展 中国「残留日本人孤児」を支援する兵庫の会
【2014.3.1(土)~5(水)】尹英順とポジャギ教室作品展
【2014.7.25(金)~27(日)】金城実世界を彫る「なまぬるい奴は鬼でも喰わない」
【2014.11.6(木)~16(日)】多賀健太郎展Vol.6
【2015.5.20(水)~29(金)】村山康文写真展「サイゴン陥落から40年~それぞれのベトナム戦争~
【2015.7.28(火)~29(水)】「日本の歴史歪曲を許さない!全国大学生行動」特別企画展示会「記憶、保存、そして継承~日本の歴史歪曲に反対する」
【2015.11.1(日)~8(日)】多賀健太郎展Vol.7
【2015.11.9(月)~15(日)】「日韓の海女ー暮らしと生業」写真展
【2016.6.9(木)~15(水)】RoCoCo活動パネル展
【2016.6.18(土)~24(金)】栗須久美子「藍と古裂れのキルト展」
【2016.8.21(日)~28(日)】川部真稔「境界を描く」
【2016.10.15(土)~23(日)】多賀健太郎展Vol.8
【2016.11.22(火)~12/3(土)】アジアの布と女性の手仕事展2016
【2017.1.7(土)~22(日)】沖縄に想いを馳せる会巡回写真展「辺野古はいま」
【2017.7.11(火)~17(月・祝)】アジアの布と女性の手仕事展(夏の巡回展2017)
【2017.10.2(月)~15(日)】村山康文写真展「追憶のベトナム~取材20年の現場から~」
【2017.10.21(土)~11.5(日)】多賀健太郎展Vol.9
【2018.5.17(木)~31(木)】アジアの布と女性の手仕事展
【2018.6.2(土)~4(月)】KOBE SACHI PATCHWORK QUILT 荒金サチ子個展~針と友に~
【2018.11.2(金)~15(木)】多賀健太郎展Vol.10

土曜ランチサロン@サロン室 これまでの記録

最終更新日: 2012年08月14日

2014年10月サロン室オープン

第1回 10月 「オカリナコンサート」 館長:飛田雄一

第2回 11月 「ソウルの歩き方」 足立龍枝

第3回 12月 「ウガンダの歩き方」 フィオナ・ナガイ

[2015年]

第4回 1月  「中国・福建省の歩き方」 鄭宇龍

第5回 2月  「マニラの歩き方」 天野郡寿

第6回 3月  「中国・紹興の歩き方」 任偉凱

第7回 4月  「ウランバートル&フフホトの歩き方」 フフデルゲル

第8回 5月  「六甲山の歩き方」 浅野晴良

第9回 6月  「アフリカ・ブルンジの歩き方」 森口雄太

第10回 7月  「東アフリカ・マラウイの歩き方」 伊藤一幸

第11回 9月  「キューバ・ハバナの歩き方」 鹿嶋節子

第12回 10月 「プサンの歩き方」 本田芳孝

第13回 11月 「セルビア・ベオグラードの歩き方」 ニニッチ・スラヴィツァ

第14回 12月 「アテネとエーゲ海の島の歩き方」 矢萩桃骨
続きを読む

ロビープチギャラリーについて

最終更新日: 2012年02月27日

タグ: , ,

ロビーでプチ展示会を開きませんか?ロビーの一角を常設展示スペースとして開放します。
1週間7000円です。写真、絵画などなど、個人・グループの発表の機会にご利用ください。

 

 

 

 

 

 

《利用規定》

  • 利用期間  :7日単位 9時~22時
  • 搬入     :ご利用日前日15時から19時まで、あるいはご利用当日9時からお願いします(ただし、日曜・祝日を除く)
  • 搬出     :ご利用最終日、19時までに搬出作業完了してください
  • 利用料金  :7000円(7日間) 搬入時に一括でお支払いください
  • 作品の管理 :作品の盗難、汚損などに関する責任は一切負い兼ねます。ギャラリーにスタッフは常駐しておりません
  • 展示スペース:よこ 4900mm× たて 190mm 壁一面 ・パネル6枚
  • 販売      :作品の販売はできません

※センターの都合により、ご利用いただけない時期もございます。

ロビー中央は常時フェアトレードショップの商品を販売するスペースとなっています。
くわしくはお問い合わせください。

ロビーギャラリー受付フォーム

 

 

なんやか屋について

最終更新日: 2012年01月27日

タグ: , ,

「なんやか屋」とは、センターロビーにあるお店の名前です。あるときは古本屋、またあるときは雑貨屋になったりと、時と場合によって大きさも中身も変化するお店です。開店のきっかけは震災時、次々届く救援物資をロビーに並べ自由に持って帰ってもらえるよう工夫したことにはじまります。センターを訪れる人はかならずここを通るので、何かめにつくものを置こうじゃないか!ということで、その後、古本をおいたり、雑貨をおいたりしています。 古本に関しては、「古本市」のページをみてください。雑貨はほとんどが海外協力団体(NGO)のフェアトレード商品です。「なんやか屋」での売上は各団体へのサポートにもなります。

【取扱っている商品】

【お茶】

太陽油脂の石けん(地球にやさしい石けん)

石けん、ハミガキ、シャンプーなどのほか、基礎化粧品も一部あり。

共働学舎のトイレットペーパー(漂白剤を使わないトイレットペーパー)

ぜひ一度「なんやか屋」をのぞいてみてください。

その他のセミナーこれまでの記録

最終更新日: 2012年01月26日

タグ:

その他のセミナー記録

●1972年

婦人生活講座 第1期 生活の中で考えるⅠ
9.27 〈家庭生活〉私たちの生活は楽になるか 河上民雄
10.4 〈食品公害〉どんな食物を選べばいいか 宮本豊子
10.11 〈中国と日本〉中国における女性の一日 八木節子
10.18 〈性〉「性の解放」と家庭 河野博臣
10.25 〈親子〉親子の対話の原理 井上敏明
11. 1 〈娯楽〉「流行歌」にみる今日の世相 小池基信
11. 8 〈文学〉沖縄の文学-芥川賞作家・大城立裕の作品から 藤原一二三

●1973年

 婦人生活講座 第2期 生活の中で考えるⅡ自然と人間
4.25 食品汚染のメカニズム 藤原邦達
5. 9 自然・科学・人間 中岡哲郎
5.16 瀬戸内海汚染の実態 讃岐田訓
5.23 食品公害と住民運動 新井通友
婦人生活講座 第3期 市民と健康
9.26 あなたのご主人の胃は? 五百蔵昭夫
10. 3 健康であるために 河野博臣
10.17 私たちの呼吸器をおかすもの 高尾延之
10.24 薬と健康-サリドマイド被害児をめぐって 田辺二郎

続きを読む

このページのトップヘ戻る↑