『シェーナウの想い』自主上映会in KOBE

最終更新日: 2013年12月12日

タグ: , ,

自主上映会inKOBE 2014.2.1
『シェーナウの想い』~自然エネルギー社会を子どもたちに~

2008年ドイツ製作のドキュメンタリー映画上映会を開催します チラシはこちら

この映画からわたしたちが学ぶものは?
今自分に出来ることから行動を起こすこと。
上映会・自家発電所設立・再生エネルギーを学ぶ会・・・etc.
こどもたちのいのちを守るためにぜひあなたの勇気と行動を

場 所:神戸学生青年センターホール
日 時:2014年2月1日(土)
開 場 1:30pm
上 映 2:00pm~3:00pm
フリートーク 5:00pm終了
会場費:500円 *手話通訳付き 聴覚しょうがいの方は無料
共 催:わたしの夢を創るスター・ヒルズ
神戸学生青年センタ-(お問い合わせ078-851-2760)

トルコ料理とトルコ文化をたのしむ会

最終更新日: 2013年12月09日

タグ: ,

多文化と共生社会を育むワークショップ
トルコ料理とトルコ文化をたのしむ会

みなさん、トルコ料理を召し上がったことはありますか?世界三大料理のひとつですが、今回の講師であるコヌックさんいわく、トルコ料理は東地中海料理とのこと。トマトやヨーグルトを使った料理が多くあります。その中から今回は家庭で作れるトルコ料理を学びつつ、コヌックさんの楽しいお話をうかがいたいと思います。 チラシはこちら

講師紹介:Sener Konuk(セネル コヌック)さん
イスタンブール出身。25年前に来日、以降現在まで関西在住。
芦屋川のトルコ料理レストラン「土耳古料理サクルエブ」オーナー
ホームページ:http://www.sakliev.com/

メニュー(予定)
・ヨーグルトときゅうりのサラダ(ジャジュク)
・ひよこ豆の煮込み(ノフティメ)
・チーズ春巻き(シガラビョレイ)
・野菜のピラフ・ライスプディング

日 時 :2014年 3月 1日(土)10時~12時
参加費 :1500円(1名分、材料費込)
会 場 :神戸学生青年センター・ホール
定 員 :15名
申 込 :2月22日(土)までに
TEL078-851-2760、FAX078-821-5878、E-mail:info@ksyc.jpでお申込ください

■主催:多文化と共生社会を育むワークショップ・(公財)神戸学生青年センター
■協力:FMわぃわぃ ■神戸まちづくり六甲アイランド基金助成事業
■申し込み・問い合わせ:
神戸学生青年センター:TEL 078-851-2760 FAX 078-821-5878
E-mail;info@ksyc.jp、ホームページ http://ksyc.jp/
多文化と共生社会を育むワークショップ;tabunkakyouseiws@yahoo.co.jp

[なんやか屋]クリスマスフェア

最終更新日: 2013年11月27日

タグ:

神戸学生青年センターのクリスマス

sinpusha

onevillage

awep


11/25(~12/26)学生センターのロビーはクリスマスフェアがスタートしています。
アジア女性自立プロジェクト、one village one earth、Family&Friends projectほか
フェアトレード雑貨や、手作り商品の尹英順さんのポジャギ、森風社の木工細工、神戸学院大学VAFなどなどたくさんならんでいます。ぜひ、みなさん見に来てください。

[なんやか屋]アジア女性の手仕事展

最終更新日: 2013年11月14日

「アジア女性の手仕事展」

AWEP手仕事展


2013年11月14日(木)~21(木)
アジア女性自立プロジェクト主催のアジア女性の手仕事展が
スタートしました。 ロビーは秋冬物の商品、さをり織の商品がたくさんならんでいます。

市民救命士講習会のご案内

最終更新日: 2013年09月09日

タグ: , ,

市民救命士講習会

街中でもよくみかける自動体外式除細動器AED。神戸学生青年センターも4年前から設置しています。
いざというときのために、AEDの取扱を含めた応急手当の方法を一緒に学びませんか?
チラシはこちら
日 時 :2013年10月 5日(土) 9時30分~12時30分
※受付は9時~9時15分の間におすませください
講習会は9時30分ちょうどからはじめますので間に合うようにお越しください
講 師 :東灘救急ボランティアグループのみなさん
場 所 :神戸学生青年センター・ホール
参加費 :大人200円・学生無料 + 500円(マウスピース代)
持ち物 :動きやすい服装(Tシャツ・ポロシャツなど)
申込み :9月28日(土)締切
参加者のお名前(フルネームとふりがな)・ご住所をご連絡ください
※参加者には市民救命士講習修了証が後日発行されます
お申込&お問合せ:神戸学生青年センター 〒657-0064神戸市灘区山田町3-1-1
電話078-851-2760・FAX078-821-5878・Email:info@ksyc.jp

多賀健太郎絵画展Vol.5

最終更新日: 2013年09月04日

多賀健太郎絵画展Vol.5

2013年10月12日(土)~21日(月) OPEN 9:00~22:00 入場無料  
チラシはこちら

会場 神戸学生青年センターロビー 〒657-0064神戸市灘区山田町3-1-1

毎年古本市ボランティアとして活躍してくださる多賀健太郎さんによる
絵画展5回目です。今年も新作がならびます。
みなさんのご来場をお待ちしております。

主催&問い合わせ
(公財)神戸学生青年センター TEL:078-851-2760/FAX:078-821-5878
http://ksyc.jp/E-mail:info@ksyc.jp

神戸平和マップ展&講演会

最終更新日: 2013年08月24日

タグ:

[神戸平和マップ展]

2013年10月24日(木)~30日(水)午前9時~午後10時 チラシはこちら
会場:神戸学生青年センターロビー
※入場無料です

[講演会]

日 時:10月25日(金)午後7時
会 場:神戸学生青年センターホール
テーマ:「神戸平和マップ」がつくる“平和”
講 師:小城智子
(こじょう ともこ、元神戸市立小学校教師)
参加費:600円
(当日会場でお支払いください)

 

1945年1月3日から本格的に始まった空襲は、8月15日までに何度もあり、死者8000人以上、負傷者18000人以上と言われています。日本人はもちろん、当時神戸にいた朝鮮人、中国人、連合国軍捕虜も犠牲になりました。元小学校教師の小城智子さんは、子どもたちが平和の大切さを学ぶためのツールとして、神戸市内に残る神戸空襲をはじめアジア・太平洋戦争の痕跡を訪ね、「平和マップ」を作る仕事をされています。
これまで、兵庫区、長田区、中央区、灘区が完成しました。各区2枚(南部と北部、A3カラー両面印刷)です。今回、その全8枚のマップと戦争遺跡の写真を展示する「神戸平和マップ展」を開催します。あわせて、小城さんをお招きして講演会を開催します。
過去の戦争の歴史を思い起こし、未来の平和を考える機会としたいと思います。

 

●主催:神戸学生青年センター
〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1
TEL 078-851-2760 FAX 078-821-5878
ホームページ http://ksyc.jp/ e-mail info@ksyc.jp
●後援:神戸平和マップを作る会(代表:中田政子、飛田雄一)
事務局:神戸学生青年センター内

アジア労働者交流集会6.19

最終更新日: 2013年04月13日

6・19 第30回 アジア労働者交流集会in神戸
~韓国から労働運動活動家を迎えて~

チラシは、http://ksyc.jp/asial/20130619asia.pdf

日時/ 2013年6月19日(水)午後6時30分~
場所/ 神戸市勤労会館多目的ホール
会費/ 1000円
主催/ アジア労働者交流集会in神戸
*神戸学生青年センター (851-2760)
*兵庫社会労働運動センター (361-3613)
*自立労連神戸支部 ( aluikobe@yahoo.co.jp )

TPP/規制緩和でこわされていく私たちの医療

最終更新日: 2013年02月25日

タグ: ,

「これからの私たちの医療はどうなるの?
~TPP/規制緩和でこわされていく私たちの医療~」

20130225TPP
*日時:3月23日(土)18:30~20:30(開場18:15)
*場所:神戸市勤労会館 講習室308号室
三宮駅から 東へ徒歩5分(神戸市中央区雲井通5丁目1-2)
*参加費:500円
*プログラム 1、医療をとりまくTPPの現状報告     川西敏雄(兵庫県保険医協会副理事長)/2、TPPに入ると日本の医療はどうなるか 色平哲郎(佐久総合病院内科医)/3、鼎談 色平哲郎×川西敏雄×武田かおり(AMネット事務局長)/4、質疑応答
*主催:「市民と政府のTPP意見交換会・神戸実行委員会」
構成団体(順不同)認定NPO法人フードバンク関西・財団法人神戸学生青年センター・市民社会フォーラム・CODE海外災害援助市民センター・公益財団法人PHD協会・NPO法人関西NGO協議会・NPO法人AMネット
*問合せ先 : NPO法人 AMネット E-MAIL :amnetosaka@yahoo.co.jp  TEL:080-3773-2894

講演会「台湾近現代史を見る視点–台湾は「親日」なのか、「独立」すべきなのか」

最終更新日: 2013年01月27日

タグ:

「台湾近現代史を見る視点–台湾は「親日」なのか、「独立」すべきなのか」

チラシ → 201303taiwan

講師:金沢学院大学経営情報学部・基礎教育機構准教授/NPO法人汎太平洋フォーラム副理事長

酒井 亨(さかい・とおる)さん

講師紹介:著書に、『哈日族 なぜ日本が好きなのか』(光文社新書、2004年)、『台湾海峡からみたニッポン』(小学館文庫、2004年)、『台湾 したたかな隣人』(集英社新書、2006年)、『台湾ってどんな”国”?』(日中出版、2008年)、『台湾×夜市 ワンテーマ指さし会話』(情報センター出版局、2010年)、『台湾人には、ご用心!』(三五館、2011年近日刊行予定)などがあります。 続きを読む

11 / 13« 先頭...910111213
このページのトップヘ戻る↑