[食料環境セミナー]2018年9月~11月

最終更新日: 2018年07月28日

「 ゲノム編集 」

2018年9月26日(水)午前10時30分~12時
遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン 代表 天笠啓祐さん

ゲノム編集とは、ゲノムDNAを切断する酵素を用いて、目的の遺伝子を壊して働かなくしたり、そこに別の遺伝子を加えたりすることによって、遺伝情報を高精度に改変できる技術で、2010年以降、遺伝子治療や農畜産物の育種など、さまざまな分野での応用を目指して研究が急速に進められています。私たちがこれまでよく問題にしてきた、従来の「遺伝子組み換え」とはどう違うのか、また、可能性だけではなくリスクや安全性について、倫理的観点からの是非について、どのように検討されているのかなども聞いてみたいと思います。

 

「 最大未利用資源昆虫の活用 」

2018年10月24日(水)午前10時30分~12時
神戸大学名誉教授 竹田真木さん

皆さんは「昆虫食」って、御存じでしょうか。文字通り、ハチの幼虫、イナゴなど、昆虫を食べることです。今回、ご講演いただきます神戸大学名誉教授竹田真木さんによる文書からご案内させていただきますと、人口増加を支えるタンパク質資源の現状は明るくありません。畜産の拡大は地球にとって負担が大きく、温暖化や乱獲で漁業資源も枯渇しつつあります。昆虫食は生産にかかるコスト(餌、水、空間)が低いだけでなく、温室ガスの排出も少なくて済みます。
すでに多くの国で昆虫食の実践は行われており、日本でも人または家畜の餌資源として昆虫の有用性は注目されており、欧米をはじめ昆虫食及び餌の利用が飛躍的に進んでいます。実際に昆虫を食していただきます。たくさんのご参加をお待ちしています。

 

「 種子法廃止 ― 多国籍企業に明け渡す食料主権 」

2018年11月28日(水)午前10時30分~12時

食政策センター・ビジョン21 代表 安田 節子さん

米、麦、大豆の種子の生産や普及を都道府県に義務づけてきた主要農作物種子法(種子法)が廃止されました。各都道府県の農業試験場によって、その地域に合う品種の研究・開発が進められ、推奨品種が指定されるなど、気候変動にも対応できる多様で豊かな食が、これまで支えられてきました。ところが、種子を公的に守る政策が放棄されたことによって、種子が企業に独占されたり、画一的になってしまうことは、食の安全が脅かされることにもつながります。私たちは、どう向き合えばよいのでしょうか。一緒に考えたいと思います。

チラシはこちら

●会場:神戸学生青年センターホール
(阪急六甲下車徒歩3分、JR六甲道下車徒歩15分)
●参加費:600円 ※託児(無料)があります。
必要な方は前々日までに予約してください。
●主 催 : (公財)神戸学生青年センター
〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1
TEL 078-851-2760  FAX 078-821-5878
ホームページ http://ksyc.jp  e-mail info@ksyc.jp

 

[食料環境セミナー]2018年4月~7月

最終更新日: 2018年04月17日

「放射能汚染から8年目へと向かう~放射能を学び、福島の今を知る~」

「測定から見える放射能汚染」
2018年4月25日(水)午前10時30分~12時
阪神・市民放射能測定所 代表 安東 克明さん

原発事故後、避難されたママさんたちとの出会いがきっかけで開設された阪神・市民測定所では、依頼された測定や自主測定を通じ、食品、衣類、肥料、木材、土壌など3000件近くの測定を行い結果を公開してきました。その結果から避難者だけでなく多くの人々が食材等の放射能汚染の実態を知り安全を確認、食卓の安心を得ることができました。日々、避難者や生産者の方々と接し向き合っておられる測定所代表の安東さんにお話をうかがいます。

「 放射能って何? 」
2018年5月23日(水)午前10時30分~12時
食の安全と環境問題の元科学者 三原 翠さん

日本の放射能汚染状況を知るために東北、関東などの各地の土壌測定を続けておられる三原翠さんは40年にわたり食の安全と環境問題に関わるお仕事に携わってこられました。もともと東京にお住まいでしたが数年前から神戸にもお住まいを持たれ、東京と行き来する中、汚染区域で暮らす方々や避難者の方々に寄り添う厚い支援も続けておられます。放射能や内部被曝の事など科学者の観点からの専門的な研究、情報のみならず、私達にとって難解な放射能、放射線、その影響を分かりやすく解説してくださいます。

「 原発事故後を生きる私たち 」
2018年6月27日(水)午前10時30分~12時
いわきの初期被曝を追及するママの会 代表 千葉 由美さん

千葉さんはいわき市で事故後、母親同士のネットワークを立ち上げました。2013年開始の子供たちを被曝から守るための活動「TEAMママべク子どもの環境見守り隊」では、保育所、幼稚園、小・中・高校の校庭やその周辺の放射線量の測定を週に2回行い、現在も継続中です。又、不安に思う人々が孤立しないように繋がり交流するコミュニテイの場として「ママcaféかもみーる」を定期的に開催し汚染地で暮らす人々の支えの場となっています。目に見えない放射性物質と戦う千葉さんのこの7年間の奮闘と今・・その現状をお聞きします。

 

「 福島から母子避難7年『避難の権利』と憲法
〜国連人権委員会で世界に伝えた母たちの願い・子どもたちを被ばくから守って!〜」
2018年7月25日(水)午前10時30分~12時
(原発賠償関西訴訟原告団代表)東日本大震災避難者の会Thanks&Dream 代表 森松 明希子さん

原子力発電所の事故による今も続く数々の人権侵害について、2018年 3月に国連人権理事会でスピーチをされたことは、マスコミでも取り上げられましたのでご存知の方も多いことでしょう。「放射能被曝から逃れ健康を享受する権利」「平和に生きる権利」の確立を求めての活動および、国連での訴えについてお話いただきます。

ちらしはこちら

●会場:神戸学生青年センターホール
(阪急六甲下車徒歩3分、JR六甲道下車徒歩15分)
●参加費:600円 ※託児(無料)があります。
必要な方は前々日までに予約してください。
●主 催 : (公財)神戸学生青年センター
〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1
TEL 078-851-2760  FAX 078-821-5878
ホームページ http://ksyc.jp  e-mail info@ksyc.jp

[食料環境セミナー]2018年1月~3月

最終更新日: 2017年12月13日

時代が猛スピードで変わってきている昨今です。しかしいくら時代が変わっても、「食は命」だという事実は変わりません。ところが最近その食の在り方が作る側も食べる側も変化してきています。食についての現状を知って、自分や家族の命を守りましょう。
チラシはこちら

「テレビでは教えてくれない食品表示のウソ?ホント!」

2018年1月24日(水)午前10時30分~12時
消費者問題研究所 代表 垣田 達哉さん

正しい知識を持って食品・原材料を選択するのは、もはや消費者の義務だともいえましょう。食品の表示の偽装のほか、農産物や食肉など、原材料までも偽装表示されている事件が続いているからです。消費者が見落としがちな食の安全に関する真実について、最近の事例を取り上げ、様々な角度から解説していただきます。テレビ出演も多くお茶の間でもおなじみの顔で、飽きさせないお話です。

「若者たちの食卓-食写真から見える日常-」

2018年2月28日(水)午前10時30分~12時
大正大学心理社会学部人間科学科 教授 長谷川 智子さん

若者たちは日頃どのような食生活を営んでいるのか?食は健康や栄養の側面から語られるのが多いのですが、決してそのような側面だけではありません。大学生が育ってきた時代背景を追いながら、食事写真を通してどのようなことが見えるか語っていただきます。さらに、日本の食卓が今後どのようになっていくのか、皆さんと一緒に議論していきましょう。

「 子どもの健康と食育 」

2018年3月28日(水)午前10時30分~12時
神戸大学農学研究科 特命助教 山下 陽子さん

健康で幸せな暮らしを、未来までずっと続けるため、親子が共に食の大切さを考え、食からの健康づくりが実践できるようにお話いただきます。また植物が自分を守るために作り出す、ポリフェノールをはじめとする植物免疫物質を私達が食べることで、私たちの免疫力も高まり、健康につながるという研究についても触れていただきます。わかりやすいお話で定評があります。

●会場:神戸学生青年センターホール
(阪急六甲下車徒歩3分、JR六甲道下車徒歩15分)
●参加費:600円  ※託児(無料)があります。
必要な方は前々日までに予約してください。
●主 催 : (公財)神戸学生青年センター

第22期農塾2017年

最終更新日: 2017年09月11日

有機栽培の小麦と椎茸を使ってピザを作り、一緒に食べましょう!!



2017年11月26日(日)
午前11時~午後3時
百姓10年生 太田 光宣さん 農場見学

麦豆米輪作 原木椎茸栽培百姓 たんばのはたけ 親方 太田 光宣さんをたずねます。

11月26日 午前9時 
神戸学生青年センターに集合し、みんなで一緒に出発します。

■参加費:4,000円 ※現地までの往復交通費、ピザ代込み
※現地集合の場合、参加費半額
■申込方法:①お名前、②住所(郵便番号)、③性別、④年齢、⑤TEL/FAX、e-mailなどを記入の上、事務局まで郵送、FAX 078-821-5878、Eメールinfo@ksyc.jpでお申込みください。

[食料環境セミナー]格差社会におかれた子どもの健康と教育

最終更新日: 2017年09月09日

シリーズ「格差社会におかれた子どもの健康と教育」

「子どもの健康格差‐口から見える貧困‐」
2017年9月27日(水)午前10時30分~12時
神戸常盤大学短期大学部口腔保健学科 教授 足立 了平さん

「 子どもの心に届く支援を~ 社会の課題としての共有と発信を ~ 」
2017年10月25日(水)午前10時30分~12時
NPO法人 西淀川子どもセンター 代表理事 西川 日奈子さん

「 子どもの貧困と学校給食 」
2017年11月22日(水)午前10時30分~12時
跡見学園女子大学マネジメント学科 教授 鳫 咲子(がん さきこ)さん

「女性と子どもたちに笑顔を取り戻すためのWACCA(わっか)の活動 」
2017年12月20日(水)午前10時30分~12時、第3週目の水曜日
認定NPO法人 女性と子ども支援センターウィメンズネット・こうべ 理事 茂木 美知子さん

●会場:神戸学生青年センターホール
(阪急六甲下車徒歩3分、JR六甲道下車徒歩15分)
●参加費:600円  ※託児(無料)があります。
必要な方は前々日までに予約してください。
●主 催 : (公財)神戸学生青年センター

[食料環境セミナー]シリーズ・格差社会におかれた子どもの健康と教育

最終更新日: 2017年06月29日

「子どもの健康格差‐口から見える貧困‐」

2017年9月27日(水)午前10時30分~12時
神戸常盤大学短期大学部口腔保健学科 教授 足立 了平さん

●会場:神戸学生青年センターホール
(阪急六甲下車徒歩3分、JR六甲道下車徒歩15分)
●参加費:600円
※託児(無料)があります
必要な方は前々日までに予約してください
●主 催 : (公財)神戸学生青年センター

[食料環境セミナー]シリーズ「地域に希望をーこれまでの農業、これからの農業ー」

最終更新日: 2017年04月24日

シリーズ「地域に希望を-これまでの農業、これからの農業-」

これまで有機農業を通じて地域おこしをしてきたところは多くありますが、私たちの近くでもみんなで知恵を出し合い、地域の特色を生かしながら、幅広い人たちがかかわって希望を生み出し、それを未来へとつなげていこうとする人たちが多くおられます。
今回は実際にそれらを実践してきた人たちのお話を聞きます。生産者の立場から、消費者の立場から、またその両方からお話をしていただきます。加えて今まで農業が何を目指してきたか、今後有機農業の希望はどこに見出せるのかなども含めて、これからの日本の農業全般についても考えてみる機会もあります。これらのセミナーを通して、これからの私たちの生き方でのヒントのひとつになれば幸いです。多数の参加をお待ちしております。

「地域が支える食と農~顧客からサポーターへ~」
2017年4月26日(水)午前10時30分~12時
ファームアンドカンパニー株式会社・兵庫食べる通信 光岡大介さん

「 沈黙の春から夏へ 」
2017年5月24日(水)午前10時30分~12時
牛尾農園 牛尾武博さん

「有機農業が目指してきたもの、目指すもの」
2017年6月28日(水)午前10時30分~12時
神戸大学名誉教授・NPO法人 兵庫農漁村社会研究所理事長 保田茂さん

「 菜の花から生まれた新しい流れ「愛東」の今、そしてこれから」
2017年7月26日(水)午前10時30分~12時
NPO法人 愛のまちエコ倶楽部事務局長 増田隆さん

チラシはこちら

●会場:神戸学生青年センターホール
(阪急六甲下車徒歩3分、JR六甲道下車徒歩15分)
●参加費:600円
※託児(無料)があります。
必要な方は前々日までに予約してください。
●主 催 : (公財)神戸学生青年センター

[食料環境セミナー]2016年12月~2017年3月

最終更新日: 2016年11月29日

「廃炉に向けて…美浜町の自立のために」

2016年12月21日(水)午前10時30分~12時、第3週目の水曜日
森と暮らすどんぐり倶楽部 代表 松下 照幸さん

広大な天然林の広がる福井県美浜町、その豊な森に囲まれて “森と暮らすドングリ倶楽部”はあります。代表の松下さんは、2004年美浜原発3号機の事故後、脱原発をめざした町づくりを提案し、町民と共に原発廃止運動を進めてこられました。廃炉後の自立した町の経済構築へむけて林業ビジネス・バイオマス発電事業など具体的なビジョンを作り、地域活性化・地域環境保全に取り組んでこられました。木の実など地域に自生する資源を活かした事業等が認められて本年、”生物多様性アクション“優秀賞にノミネートされました。脱原発への思い、地域のための様々な取り組みへの道のりをお聞きします。

「 電力自由化の“トリセツ”」

2017年1月25日(水)午前10時30分~12時
京都大学大学院地球環境学舎修士課程 加志村 拓さん

2016年4月から電力の小売り自由化がスタートしました。この食料環境セミナーでは直前の1月にこのテーマを取り上げ、その基本的な内容について学びました。2017年からはガスの自由化も見込まれ、各事業者は電気、ガス、通信をセット販売するなど、料金の安さを中心にPRしています。
今回のセミナーでは、ドイツなど欧州の多くの国では義務づけられている電源構成の開示が日本ではまだ努力義務であることから、電源構成の読み方、またパリ協定を受けて迫られてくる地球温暖化の問題に対する環境負荷の考え方などを含めて、電力会社の見極め方についてお話していだきます。これまで独占的に提供してきた一般電気事業者からどこかに変わりたいと思いつつ、まだ決心できていない方も多いと思います。どうぞご参考になさってください。

「遺伝子組換えの安全性を問う―映画『遺伝子組み換えルーレット』~私たちの生命のギャンブル~」

2017年2月25日(土)午後1時~4時、第4週目の土曜日です。
オルター・トレード・ジャパン政策室室長 印鑰 智哉さん  

この回のチラシはこちら

1990年代以降、遺伝子組換え作物が急増しました。この映画では、これまで語られてこなかった医学者、健康問題の専門家、自閉症やアレルギーなど様々な疾患を持つ子の親、獣医、家畜の健康障害に詳しいジャーナリストが登場し、遺伝子組み換え食品によって起こる健康の異変、又解決法が語られています。ヨーロッパでは、遺伝子組み換えは禁止され、アメリカでは、市民が中心となり、遺伝子組換えを拒絶するうねりが起きています。住民投票が実施された州もあります。日本はまだ大量に輸入しているという現状です。
上映後は、この映画の日本語版の翻訳監修者でもある印鑰(いんやく)智哉さんの講演と世界の食料、農業事情に詳しい平賀緑さんとの対談もあります。

「 日本人が知らない漁業の大問題 」

2017年3月22日(水)午前10時30分~12時
鹿児島大学水産学部 教授 佐野 雅昭さん
日本は四方を海に囲まれ、その食卓にはいつも魚がありました。しかし今、マグロやウナギは絶滅危惧種であると言われ、また世界的な和食ブームが言われ、かつてのような日常的に身近な魚を食べるという私たちの食文化は随分遠いところに行ってしまったような気がします。日本の漁業に今何が起こっているのでしょうか。 今回、ご講演いただく佐野雅昭さんは、近海漁業の重要性を説き、日本の漁業をきちんと維持すれば輸入に頼る必要はないと話されます。そしてその前提として重要な役割を果たしてきた漁協組織や水産物の流通システムについてもお話していただきます。私たちがこれからも美味しい魚を食べ続けられますように、願いつつ。

全体のチラシはこちら

●会 場:神戸学生青年センターホール
(阪急六甲下車徒歩3分、JR六甲道下車徒歩15分)
●参加費:600円
※託児(無料)があります。必要な方は前々日までに予約してください。
●主 催 : (公財)神戸学生青年センター
〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1
TEL 078-851-2760  FAX 078-821-5878

[食料環境セミナー]2016年9月~11月

最終更新日: 2016年09月13日

「科学とニセ科学、マイナスイオンから水素水まで」

2016年9月28日(水)午前10時30分~12時
大阪大学大学院理学研究科 教授 菊池 誠さん
健康ブームは衰えることもなく新たな商品が発売され巷にあふれている。しかしその効果に関しては、科学的根拠の実証が試されていないものも多い。マイナスイオンの家電製品は次々発売され続け、昨今、人気に拍車のかかる水素水などその効果には疑問の声があがり、消費者は翻弄されている。このような社会現象・問題について注意喚起をよびかけている菊池誠さんにお話を伺います。

 

「限界集落の再生の取り組みについて~宍粟市一宮町千町~」

2016年10月26日(水)午前10時30分~12時
NPOひょうご農業クラブ 理事長 増田 大成さん
都市への人口流出の勢いが止まらず、限界集落が増え続けている。その一方、環境を重視する生活スタイルへ移行する人も増えつつあり、限界集落に人が戻り、農業や地場産業が復活してきている地域もでてきた。農村と都市の人的、文化的交流の促進事業・安全な農産物づくりの推進事業などをおこし、宍粟市一宮町で「あこがれ千町の会」を発足された増田大成さん。千町を通した観点から日本の食・農・村の問題に向かい合い、限界集落再生の実践に取り組んでこられたお話を伺います。

「日本型アグロエコロジーをどう考えるか?-Agroecologyと歩んだ三十三年間から」

2016年11月30日(水)午前10時30分~12時
愛媛大学大学院農学研究科 准教授 日鷹 一雅さん
経済発展の優先で進み続けた社会。そのために農業においては、工業型農業が推進されてきました。その一方で食・農を守り里山・里海の生態系保全をめざす、アグロエコロジー運動が生まれました。近年さらにその必要性、重要性の声が盛んになっています。しかしアグロエコロジーの実践を行おうとすれば、この社会の中では簡単に進むものではなく困難な問題が立ちはだかっているのが現実です。このアグロエコロジーと取り組んでこられたお話、日本のアグロエコロジーについてお聞きします。

チラシはこちら

●会場:神戸学生青年センターホール
(阪急六甲下車徒歩3分、JR六甲道下車徒歩15分)
●参加費:600円 
※託児(無料)があります。必要な方は前々日までに予約してください。 
●主 催 : (公財)神戸学生青年センター 
〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1
TEL 078-851-2760  FAX 078-821-5878 

第21期農塾

最終更新日: 2016年09月13日

ことしの秋の農塾も
太田 光宣さんの農場をたずねます

太田農場201512

9月23日(金) 午後1時~4時  百姓7年生 太田 光宣さん 
麦豆米輪作 原木椎茸栽培百姓 たんばのはたけ 親方 太田 光宣さんをたずねます。
「奥丹波里山工房」で奥丹波の里山の農産物の加工に取り組んでいる岸下さん
自然栽培で作物をつくっている「うむ農園」の高橋さんからもお話を伺います。
9月23日 午前10時  神戸学生青年センターに集合し、みんなで一緒に出発します。
■参加費:3,000円 ※現地までの往復交通費込み、食事代は含みません。
■申込方法:①お名前、②住所(郵便番号)、③性別、④年齢、
⑤TEL/FAX、e-mailなどを記入の上、事務局まで郵送、
FAX 078-821-5878、Eメールinfo@ksyc.jpで
お申込みください。

 

1 / 41234
このページのトップヘ戻る↑