[現代キリスト教セミナー]エキュメニカル運動との出会い

最終更新日: 2016年09月10日

「エキュメニカル運動との出会い
―アジアで女性キリスト者が『神学する』ことをめぐって—」

講 師:東北学院大学文学部専任講師・大学宗教主任 藤原佐和子さん

日 時:2016年10月8日(土)午後1時半~3時

会 場:神戸学生青年センター(阪急六甲下車徒歩3分、JR六甲道下車徒歩10分)
    TEL 078-851-2760
参加費:600円(当日会場でお支払いください)

(講師紹介:エキュメニズム、平和学、クリティカル・シンキングをテーマに研究活動。論文に、「『キリスト者であること』」と『エコであること』―エキュメニカルな視座から見るエコ神学『福音と世界』2016.1など)

主催・問い合わせ先:公益財団法人 神戸学生青年センター
〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1
TEL 078-851-2760 FAX 078-821-5878

[現代キリスト教セミナー]信頼とはなにか?

最終更新日: 2016年08月31日

「信頼とはなにか?」

チラシはこちら

講師:有田憲一郎さん

1971年東京生まれ。72年脳性麻痺(まひ)と診断される。89年東京都立大泉養護学校高等部卒業。画家はらみちを氏との出会いで絵心を学び、カメラに魅力を感じ独学で写真も始める。タイプアートコンテスト東京都知事賞受賞(83年)、東京都障害者総合美術展写真の部入選(93年)。個展、写真展を仙台や東京などで開催し、2004年にはバングラデシュで障碍(しょうがい)を持つ仲間と共に展示会も開催した。05年に芸術・創作活動の場として「Zinno Art Design」設立。これまでにバングラデシュを4回訪問している。そこでテゼに出会い、最近のテゼ・アジア大会(インド07年・フィリピン10年・韓国13年)には毎回参加している。日本基督教団東北教区センター「エマオ」内の仙台青年学生センターでクラス「共に生きる~オアシス有田~」を担当(10〜14年)。著書に『有田憲一郎バングラデシュ夢紀行』(10年、自主出版)。月刊誌『スピリチュアリティー』(11年9・10月号、一麦出版社)で連載を執筆。15年から東京在住。フェイスブックやブログ「アリタワールド」でもメッセージを発信している。

日時:2016年11月25日(金) 午後7時~9時
会場:神戸学生青年センター
参加費:600円(当日会場にて)
主催・お問い合わせ:(公財)神戸学生青年センターTEL078-851-2760

 

[現代キリスト教セミナー]2016

最終更新日: 2016年04月16日

「現代社会におけるキリスト教の役割
―移住労働者・ホームレス支援の活動から―」(仮題)

講師: 白波瀬 達也さん(関西学院大学社会学部准教授)

(著書、『宗教の社会貢献を問い直す―ホームレス支援の現場から』ナカニシヤ出版、2015.4)

日時:2016年7月8日(金)午後7時~8時半

会場:神戸学生青年センター

参加費:600円(当日会場でお支払いください)

 

「エキュメニカル運動との出会い」(仮題)

講師:藤原 佐和子さん(東北学院大学文学部総合人文学科専任教員)

(論文に、「『キリスト者であること』」と『エコであること』―エキュメニカルな視座から見るエコ神学『福音と世界』2016.1など)

日時:10月8日(土)午後1時半~3時

会場:神戸学生青年センター

参加費:600円(当日会場でお支払いください)

 

チラシはこちら

[現代キリスト教セミナー]2015秋

最終更新日: 2015年10月05日

「高齢者・野宿者・外国人とともに
―カトリック社会活動神戸センターの活動―」

講師:カトリック社会活動神戸センター長・山野真実子さん
日時:11月11日(水)午後7時~8時半
会場:神戸学生青年センター
参加費:600円

 

「釜ケ崎の日雇い労働者とともに
―釜ケ崎キリスト教協友会の活動―」

講師:釜ケ崎キリスト教協友会 大谷隆夫さん
日時:12月9日(水)午後7時~8時半
会場:神戸学生青年センター
参加費:600円

 

主催:公益財団法人 神戸学生青年センター
〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1
TEL 078-851-2760 FAX 078-821-5878

[キリスト教セミナー]韓国キリスト教の特徴

最終更新日: 2015年04月16日

「韓国キリスト教の特徴」

講師:梁明洙さん(梨花女子大学神学大学院教授 )
1957年生まれ。梨花女子大学神学大学院教授、同大学教会担任牧師、同大学教牧室長。

日時:2015年7月1日(水)18:30
会場:神戸学生青年センター・会議室A
参加費:600円

 

主催・問合せ先
〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1
TEL 078-851-2760 FAX 078-821-5878
HP http://ksyc.jp/ e-mail info@ksyc.jp

[キリスト教セミナー]若手研究者による東アジアキリスト教史研究

最終更新日: 2013年12月12日

日本のキリスト教史を考えるとき、アジアのキリスト教史との関連を抜きには考えられません。若い研究者によって新しい歴史事実が掘り起こされ、研究がより重層的に進められています。今回、関西学院大学神学部在学/卒業の新進気鋭の東アジアキリスト教史研究者の研究成果を発表していただくセミナーを開催することになりました。ふるってご参加ください。

チラシはこちら

① 2014年2月21日(金)午後6時30分
「中国におけるキリスト教本色化(土着化)運動-1920年代を中心に」
福岡女学院大学准教授 徐 亦猛さん

② 3月14日(金)午後6時30分
「日本メソヂスト教会の樺太伝道」 
関西学院大学大学院 大和 泰彦さん

③ 3月28日(金)午後6時30分
「中国朝鮮族教会の形成と現状」
在日大韓基督教東神戸教会伝道師 韓 承哲さん

④ 4月11日(金)午後6時30分(予定)
「日本聖公会の在朝日本人伝道(1880年-1945年)」
延世大学神学部大学院博士課程 松山 健作さん

会場:神戸学生青年センター TEL 078-851-2760
(阪急六甲下車徒歩3分、JR六甲道下車徒歩10分)
参加費:600円
主催:神戸学生青年センター

[キリスト教セミナー]アメリカ社会と宗教

最終更新日: 2013年09月21日

アメリカ社会と宗教

1980年のレーガン大統領の当選以来、共和党の大統領候補は宗教右派勢力に依拠することによって、自らの当選基盤を強固にしてきました。とりわけブッシュ(ジュニア)大統領は最も宗教右派に近い大統領といわれ、彼の当選時には共和党の支部の半数以上がその勢力下にあるとさえ言われました。
オバマ政権の医療保険改革に反対する右派草の根運動として始まったティーパーティ運動、妊娠中絶や同性婚への反対、進化論教育の反対など、共和党右派とプロテスタント右派とが結びついた様々な動きもまた報じられています。公民権運動を振り返るまでもなく、アメリカ社会における宗教の影響は右派的なものだけでないことは当然です。現在のアメリカ社会と政治を理解するためには宗教の、とりわけプロテスタントを中心としたキリスト教の社会的影響力を理解することが不可欠と考え、この講演を企画しました。
講師の大宮有博さんは関西学院大学神学部大学院を修了後、1999年から2003年までアメリカに留学、ブッシュ政権の成立から2001年9.11と米軍のアフガニスタンからイラク侵攻にいたる、現在のアメリカを決定づけた時期にアメリカ社会に身を置きました。生活経験に基づいた興味深い話が聞けると思います。

講師 大宮 有博さん(名古屋学院大学教員)
2013年11月4日(月・休) 午後2時半~
会場 神戸学生青年センター(阪急六甲駅下車、北へ3分)
参加費700円

〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1
TEL 078-851-2760 FAX 078-821-5878
主催  神戸学生青年センター

チラシはこちら

キリスト教セミナーについて

最終更新日: 2013年07月27日

タグ:

日本基督教団を母体として設立されたセンターは、キリスト教とは切っても切れない関係にあります。
キリスト教セミナーでは主に近代の日本におけるキリスト教の歴史、キリスト教を担ってきた人物の評伝などを中心にして、多様な立場・見方から現代に生きるキリスト教を考える講演会、シンポジウムを開いています。

 

[キリスト教セミナー]パレスチナ問題とキリスト教

最終更新日: 2013年04月06日

タグ:

「パレスチナ問題とキリスト教」

チラシ20130508murayama

日時:2013年5月8日(水)午後7時~8時半

講師:日本キリスト教団教師 村山盛忠さん

会場:神戸学生青年センター TEL 078-851-2760 http://ksyc.jp/map.html

参加費:600円

村山先生は、パレスチナ連帯の活動を長年続けてこられました。『コプト社会に暮らす』(岩波書店、1974)の著者としても知られています。昨年、これまでの論考を集大成して『パレスチナ問題とキリスト教』(ぷねうま舎、2012.11)を出版されました。以前、センターでご講演いただいたことのある先生に、本書出版を機会に、もう一度、講演会を開くことにいたしました。ふるってご参加ください。

 

[キリスト教セミナー]神戸中央神学校の朝鮮人留学生たち

最終更新日: 2012年07月14日

セミナー関係のホームページが少し?調子が悪いようです。

7月17日(火)の現代キリスト教セミナー、予定通り開催いたします。

http://ksyc.jp/wp-content/uploads/2012/04/2012so-makita.pdf

「神戸中央神学校の朝鮮人留学生たち」
改革派神学校教授・日本キリスト改革派山田教会牧師 牧田吉和さん
米国南長老教会宣教師・SP ハミルトンが1907(M40)年に設立し
た「神戸神学校」は、その後名称を「神戸中央神学校」と改めますが、
1942 年3月に「自主閉校」します。その神学校はその後日本軍に接収
され連合国軍捕虜病院として使用されたことも知られています。神学校
には朝鮮人留学生が多く、現在の韓国では、卒業後朝鮮での宣教活動で
神社参拝に反対して検挙された方が多いということも知られています。
1941 年12 月には、「在神戸中央神学校朝鮮人
学生民族主義グループの策動」により5名の留学
生が検挙される事件もおこっています。このテー
マで研究をされている牧田さんからお話をうか
がいます。
日時:7月17日(火)午後7時
会 場:神戸学生青年センター
参加費:600円
●主催:(財)神戸学生青年センター(担当:飛田)
〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1
TEL 078-851-2760 FAX 078-821-5878
http://ksyc.jp/ info@ksyc.jp

 

 

 

1 / 212
このページのトップヘ戻る↑