古本市、331万円、です

最終更新日: 2012年05月02日

タグ:

はい、ご利用ありがとうございます。

5.15までの古本市、快調です。

毎日多くのお客さんが来られます。週6.7回、出勤のボランティアも7、8名おられます。ありがとうございます。

今年は、3月終わりにNHKのニュースにでたおかげで?、例年より2割ほど多くの本が集まっています。

ゴールデンウイーク、ぜひ、古本市をお訪ねください。

2012年度日本語学習支援のステップアップ講座

最終更新日: 2012年02月01日

タグ: ,

日本語学習支援のステップアップ講座2012

日程 内容
5/10 日本語の文化的背景、日本語の基本文型、助詞の用法について、国語教育と日本語教育、属性形容詞と感情形容詞、可能型について
5/17 複合動詞と補助動詞・「音声学」アクセントについて
5/24 連帯修飾構造・「音声学」イントネーション
5/31 「文法」授受表現・感情形容詞・「音声学」際立ちと際立たせ
6/7 「文法」テンス・アスペクト・「音声学」音声器官について、模式図による音声の分析
6/14 「文法」依頼・命令・勧誘、読み方(読むという行為)について、外国人の作文添削
6/21 「文法」受身と使役、外国人の作文添削
6/28 「文法」形容名詞について
7/5 「文法」順接文・逆接文のつなぎ、学習者の誤用例、日本語テキストの文型と例文の検証
7/12 「文法」待遇表現(敬語)人の社会的距離と心理的距離の関係に敬語表現の本質を極める

2012.5.10(木)~7.12(木) 午前10時~12時 毎週木曜 全10回 2012日本語学習支援ステップアップ講座チラシ
参加費:14000円 テキスト代込み
定員:20名 (応募が8名を下回った場合は開講いたしません)
講師:矢野 文雄さん(六甲奨学基金日本語サロンボランティア教師、元(学)日本語学校・学修堂「インドネシア・ジャカルタ」日本支部代表、(学)マニラ会日本語学校「フィリピン・マニラ」専任教師
◆◇◆お申込◆◇◆
お名前、住所(郵便番号)、性別、電話番号、日本語ボランティア活動経験の有無を記入の上、事務局まで、郵送、ファックス、E-mailにてお申込ください。

第15回古本市(2012.3.15~5.15)開催のため古本をあつめます

最終更新日: 2012年02月01日

タグ: , ,

=================================================
六甲奨学基金では募金活動の一環として毎年、古本市を開いています
=================================================
第15回古本市 2012年3月15日(木)~5月15日(火)

第15回古本市(2012.3.15~5.15)開催のため古本をあつめます
ただし、受付は2012年3月1日~3月31日まで
この期間以外は受付けられません。ご協力お願いいたします。

自宅で眠ったままの本、読んでしまってそのままの本、すてるにはもったいないと積んだままの本などはありませんか?
ぜひ、神戸学生青年センターに送ってください。
売り上げは、今後の留学生・就学生支援活動に役立てるために六甲奨学基金の一部とさせていただきます。
今年は紙袋も集めます!よろしくお願いいたします。

***本をお送りいただく方へ***

  1. 読む人の立場になって汚れ破れのひどいものはご遠慮ください。
  2. お送りいただく本のジャンルは基本的に問いません(絵本・マンガ・洋書も可)。特に辞書は大歓迎です。だたし雑誌・教科書・参考書・コンピュータ解説書・文学全集・百科事典などはお断りします。
  3. 今回もCD(コピーは不可)集めます!(VIDEOは集めません)
  4. 本は3月1日から3月31日の間に送るか直接センターへご持参ください。(こちらからは取りに行けません。ごめんなさい)€ この期間以前・以後はスペースの都合上受け付けられません。申し訳ありませんが、送料はご負担ください。
  5. お送りいただいた本はお返しできません。

チラシはこちら

2012年度奨学生募集のご案内

最終更新日: 2012年01月31日

タグ:

財団法人 神戸学生青年センター 六甲奨学基金
2012年度奨学生募集のご案内

2012年1月7日
大学/学院
外国人奨学金担当各位 様

財団法人 神戸学生青年センター
六甲奨学基金 運営委員長 中畠孝幸

日々ご健勝のことと存じます。
当財団では、同封パンフレットの「趣旨」にありますように阪神大震災で被災した留学生・就学生支援の活動をふまえて「六甲奨学基金」を創設し、1996年度より毎年4~6名の留学生・就学生に奨学金を支給してまいりました。
2012年度について以下の要項に基づき、兵庫県下の学校に在学する7名の留学生・就学生に月額5万円の奨学金を支給いたします。各学校におかれましては1名を推薦していただくようお願いします。
当センターのニュースも同封いたしますので、ご覧くだされば幸いです。不明な点がございましたら事務局(担当/飛田、都築、朴)までお問い合せください。

要 項

<奨学生の対象>
・アジア地域から来日し、2012年2月1日現在、兵庫県下の学校で学んでいる学生。
・2012年4月より2013年3月まで在学する学生。
・他の奨学金を受給していないもの。

<支給額/期間>
・€月額5万円。返済の必要なし。毎月一回センターに本人が受け取りにくること。
・2012年4月より2013年3月。

<申込方法>
・€2012年2月28日までに、所定の申請書および推薦書を大学・学院等をとおして(財)神戸学生青年センターに申請する。

<選考方法>
・€各学校より1名ずつの推薦を受けた学生について、大学・短大生、日本語学校・専門学校生より5名を運営委員会が抽選によって決定する。3月10日に申請のあったすべての学校に選考結果を通知する。

古本市記録

最終更新日: 2012年01月30日

タグ: , ,

<古本市の記録>

第1回1998年3~5月
3月1日から5月15日までで、1,478,493円うれ、六甲奨学基金のために用いられました。この成功に気をよくして古本市が継続されることになりました。 続きを読む

六甲奨学基金奨学生一覧

最終更新日: 2012年01月30日

タグ:

(公財)神戸学生青年センター・六甲奨学基金・奨学生一覧表

第1期/1996年度
1.韓   勇   男  韓国  神戸YWCA学院専門学校日本語学科
2.季 南 芳   女  中国  国際日本語学校日本語本科中級
3.蔡   琴   女  中国  神戸市外国語大学外国語学部国際関係学科
4.施 慧 倩   女  中国  神戸商科大学商経学部
5.林   嵐   女  中国  ビジネス専門学校ナビック国際カレッジ
続きを読む

六甲奨学基金年表

最終更新日: 2012年01月30日

タグ:

六甲奨学基金 略年表

※()表記は六甲奨学基金以外のもの 続きを読む

2011年実践・日本語学習支援講座・秋

最終更新日: 2012年01月14日

タグ: ,

実践・日本語学習支援講座2011年秋 (終了しました)

日 程 講 師 内 容
10月17日(月) 中畠 孝幸 外国人に分かりにくい類義表現(1)- 「冷えている」と「冷やしてある」など-
10月24日(月) 奥田 純子 地域の日本語学習支援の方法(1)
10月31日(月) 中畠 孝幸 外国人に分かりにくい類義表現(2)-「ドーバー海峡を泳ぐ」と「ドーバー海峡で泳ぐ」など-
11月 7日(月) 瀬口 郁子 多様な気づきから学ぶ(1)
11月14日(月) 中畠 孝幸 外国人に分かりにくい類義表現(3)-「疲れがち」と「疲れぎみ」など-
11月21日(月) 奥田 純子 地域の日本語学習支援の方法(2)
11月28日(月) 中畠 孝幸 外国人に分かりにくい類義表現(4)-「しばらく」と「当分」など-
12月 5日(月) 瀬口 郁子 多様な気づきから学ぶ(2)
12月12日(月) 瀬口 郁子 多様な気づきから学ぶ(3)

<講師プロフィール>
中畠孝幸(なかはた たかゆき)
甲南大学文学部教授。六甲奨学基金運営委員長。大学では「日本語教育概論」「日本語教授法実習」などの科目を担当。中国の長春で一年間日本語を教えたのを契機に日本語教育の仕事に携わる。
瀬口郁子(せぐち いくこ)
神戸大学 名誉教授。留学生センター顧問。六甲奨学基金運営委員。留学生アドヴァイジング、留学生の受入れ環境の整備、ならびに国家を超越した人材育成のための場づくりに関する研究など。
奥田純子(おくだ じゅんこ)
コミュニカ学院学院長。六甲奨学基金運営委員。就学生、定住者、ビジネス関係者などを対象に、異文化コミュニケーション教育としての日本語教育をテーマに教育実践を行っている。

  • 日時:2011年10月17日(月)~12月12日(月) 全9回 午後6時30分~8時30分(終了しました)
  • 対象:
    外国人に日本語を教えることに関心のある人
    ボランティアで日本語を教えている人
    外国語としての日本語に関心を持っている人
  • 会場:神戸学生青年センター(阪急六甲下車、北東徒歩2分)
  • 参加費:20,000円(テキストコピー代1000円別途)
  • 定員:16名
  • 申込方法:ハガキ、FAX、E-mailで、下記連絡先まで、①住所②氏名③TEL-FAX④年齢を明記のうえお申込みください。
4 / 41234
このページのトップヘ戻る↑