日本語ボランティア

最終更新日: 2014年02月22日

(公財)神戸学生青年センターでは、毎年春と秋の年2回、日本語ボランティアのための講座を開催しています。日本語を教えることや外国語としての日本語に関心のある方を対象にした講座です。日本語サロンに参加中の方をはじめ、登録中の方、お休み中の方、またこれからボランティアを始めたいと考えておられる方などなど、みなさまのご参加をお待ちしています。

[六甲奨学基金]日本語学習支援のステップアップ講座2014

最終更新日: 2014年02月22日

タグ:

日本語学習支援のステップアップ講座

この講座では日本語教育に初めて参加される方だけでなく、すでに中・上級の学習者を指導しておられる方もふくめて、日本語教授法を『話す』『読む』『聞く』『書く』の4技能の各面より研修いたします。なお、現行の「読む日本語」中心の学習者用テキストにたいして、「話し、聞く」教授法にも配慮して、カリキュラムに音声学をくわえているのがこの研修の大きな特徴です。

日  時 : 2014年5月8日~7月10日 毎週木曜10~12時(全10回)
会  場 : 神戸学生青年センター・会議室
募集定員: 20名(定員になり次第締切)*申込者が5人を下回った場合は開講いたしません。

対  象 :六甲奨学基金・日本語サロンボランティア教師に参加・登録中の方、日本語ボランティア教師に関心のある方。外国語の学習経験は特に必要としません。
*講座終了後、終了証をお渡しします。
*ご希望の方には当センター六甲奨学基金・日本語サロン(日本語ボランティア教室)へ登録参加いただけます
参加費  : 14,000円(税込・テキスト代込)
講  師 : 矢野 文雄(やの ふみお)さん
六甲奨学基金・日本語サロンボランティア教師/元(学)日本語学校・学修堂[インドネシア・ジャカルタ]日本支部代表/(学)マニラ会日本語学校[フィリピン・マニラ]専任教師
お申込み: ハガキ、FAX、E-mailで、〒・住所・氏名・電話番号・日本語学習支援経験の有無を明記の上、下記の「日本語教育講座」までお申し込み下さい。
<締切> 2014年4月末

チラシはこちら

日本語学習支援のステップアップ講座2013

最終更新日: 2013年04月30日

タグ:

日本語学習支援のステップアップ講座2013

※申込が8名に満たなかったため、今講座は開講しません

この講座では日本語教育に初めて参加される方だけでなく、すでに中・上級の学習者を指導しておられる方もふくめて、日本語教授法を『話す』『読む』『聞く』『書く』の4技能の各面より研修いたします。なお、現行の「読む日本語」中心の学習者用テキストにたいして、「話し、聞く」教授法にも配慮して、カリキュラムに音声学をくわえているのがこの研修の大きな特徴です。
日 時 : 2013年5月16日~7月18日 毎週木曜10~12時(全10回)
会 場 : (財)神戸学生青年センター
募集定員: 20名(定員になり次第締切)*申込者が8人を下回った場合は開講いたしません。
六甲奨学基金・日本語サロンボランティア教師に参加・登録中の方
日本語ボランティア教師に関心のある方。 外国語の学習経験は特に必要としません。
講座終了後、終了証をお渡しします。
ご希望の方には当センター六甲奨学基金・日本語サロン(日本語ボランティア教室)へ登録参加いただけます。
参加費 : 14,000円(税込・テキスト代込)
講 師 : 矢野 文雄(やの ふみお)さん
六甲奨学基金・日本語サロンボランティア教師/元(学)日本語学校・学修堂[インドネシア・ジャカルタ]日本支部代表/(学)マニラ会日本語学校[フィリピン・マニラ]専任教師
お申込み: ハガキ、FAX、E-mailで、〒・住所・氏名・電話番号・日本語学習支援経験の有無を明記の上、下記の「日本語教育講座」までお申し込み下さい。
<締切> 2013.4月末

■主催・問い合わせ■
(財)神戸学生青年センター 六甲奨学基金・
日本語学習支援講座 係
〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1
電 話 078-851-2760
FAX  078-821-5878
E-mail:info@ksyc.jp

チラシはこちら

実践・日本語学習支援講座 2012秋

最終更新日: 2012年09月21日

(財)神戸学生青年センター・六甲奨学基金・2012年秋

※今回、開講しないことになりました。

実践・日本語学習支援講座

 外国人のための日本語教室が各地で開かれ、日本語教室を通して草の根の国際交流がますますさかんになっています。神戸学生青年センターでも阪神大震災以降、六甲奨学基金(運営委員長・中畠孝幸)の事業の一環として「日本語サロン」が毎週月・土曜日に多くのボランティアに支えられて行なわれています。

六甲奨学基金は、震災時の被災留学生・就学生の支援活動の中から生まれ、96年度より毎年4~7名、2012年度は7名のアジアからの留学生に月額5万円の奨学金を支給しています。基金の原資は震災時に全国から寄せられた募金です。古本市等により資金集めをしながら運営しています。今回も、基金運営委員の3名の先生方に無償で講師を努めていただき、「実践・日本語学習支援講座」を開催することになりました。講座参加費は全額が基金として用いられます。

日本語教育の第一線の現場で活躍されている先生方から日本語学習の現状や学習支援の知識について学んでみませんか。多くの方のご参加をお待ちいたします。

日時

講師

内容

10月22日(月)

中畠 孝幸

日本語教育の文法 1 -助詞・複合辞-

10月29日(月)

中畠 孝幸

日本語教育の文法 2 -動詞文・形容詞文-

11月 5日(月)

中畠 孝幸

日本語教育の文法 3 -受身・使役・やりもらい-

11月12日(月)

中畠 孝幸

日本語教育の文法 4 -複文について-

11月19日(月)

瀬口 郁子

多様な気づきから学ぶ I

11月26日(月)

奥田 純子

日本語学習支援の方法 1

12月 3日(月)

瀬口 郁子

多様な気づきから学ぶ II

12月10日(月)

奥田 純子

日本語学習支援の方法 2

<講師プロフィール>

中畠孝幸(なかはた たかゆき)甲南大学文学部教授。六甲奨学基金運営委員長。大学では「日本語教育概論」「日本語教授法実習」などの科目を担当。中国の長春で一年間日本語を教えたのを契機に日本語教育の仕事に携わる。

瀬口郁子(せぐち いくこ)神戸大学名誉教授、留学生センター顧問(非常勤)。六甲奨学基金運営委員。現在は、主に神戸大学海外同窓会ネットワーク構築、神戸大学グローバル・リンク事業(KUGL)に関わる。

奥田純子(おくだ じゅんこ)コミュニカ学院学院長。六甲奨学基金運営委員。留学生、定住者、ビジネス関係者などを対象に、異文化コミュニケーション教育としての日本語教育をテーマに教育実践を行っている。 

●日時:2012年10月22日(月)~12月10日(月) 全8回 午後6時30分~8時30分

●対象:1.外国人に日本語を教えることに関心のある人

2.ボランティアで日本語を教えている人

3.外国語としての日本語に関心を持っている人

●会場:神戸学生青年センター(阪急六甲下車、北東徒歩2分)

●参加費:18,000円(テキストコピー代1,000円別途)

●定員:16名

●申込方法:ハガキ、FAX、E-mailで、下記連絡先まで、①住所②氏名

③TEL-FAX④年齢を明記のうえお申込みください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

主催・申込み先:(財)神戸学生青年センター(担当 吉田)

〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1 TEL 078-851-2760 FAX 821-5878

E-mail info@ksyc.jp ホームページhttp://www.ksyc.jp

2012年度日本語学習支援のステップアップ講座

最終更新日: 2012年02月01日

タグ: ,

日本語学習支援のステップアップ講座2012

日程 内容
5/10 日本語の文化的背景、日本語の基本文型、助詞の用法について、国語教育と日本語教育、属性形容詞と感情形容詞、可能型について
5/17 複合動詞と補助動詞・「音声学」アクセントについて
5/24 連帯修飾構造・「音声学」イントネーション
5/31 「文法」授受表現・感情形容詞・「音声学」際立ちと際立たせ
6/7 「文法」テンス・アスペクト・「音声学」音声器官について、模式図による音声の分析
6/14 「文法」依頼・命令・勧誘、読み方(読むという行為)について、外国人の作文添削
6/21 「文法」受身と使役、外国人の作文添削
6/28 「文法」形容名詞について
7/5 「文法」順接文・逆接文のつなぎ、学習者の誤用例、日本語テキストの文型と例文の検証
7/12 「文法」待遇表現(敬語)人の社会的距離と心理的距離の関係に敬語表現の本質を極める

2012.5.10(木)~7.12(木) 午前10時~12時 毎週木曜 全10回 2012日本語学習支援ステップアップ講座チラシ
参加費:14000円 テキスト代込み
定員:20名 (応募が8名を下回った場合は開講いたしません)
講師:矢野 文雄さん(六甲奨学基金日本語サロンボランティア教師、元(学)日本語学校・学修堂「インドネシア・ジャカルタ」日本支部代表、(学)マニラ会日本語学校「フィリピン・マニラ」専任教師
◆◇◆お申込◆◇◆
お名前、住所(郵便番号)、性別、電話番号、日本語ボランティア活動経験の有無を記入の上、事務局まで、郵送、ファックス、E-mailにてお申込ください。

2011年実践・日本語学習支援講座・秋

最終更新日: 2012年01月14日

タグ: ,

実践・日本語学習支援講座2011年秋 (終了しました)

日 程 講 師 内 容
10月17日(月) 中畠 孝幸 外国人に分かりにくい類義表現(1)- 「冷えている」と「冷やしてある」など-
10月24日(月) 奥田 純子 地域の日本語学習支援の方法(1)
10月31日(月) 中畠 孝幸 外国人に分かりにくい類義表現(2)-「ドーバー海峡を泳ぐ」と「ドーバー海峡で泳ぐ」など-
11月 7日(月) 瀬口 郁子 多様な気づきから学ぶ(1)
11月14日(月) 中畠 孝幸 外国人に分かりにくい類義表現(3)-「疲れがち」と「疲れぎみ」など-
11月21日(月) 奥田 純子 地域の日本語学習支援の方法(2)
11月28日(月) 中畠 孝幸 外国人に分かりにくい類義表現(4)-「しばらく」と「当分」など-
12月 5日(月) 瀬口 郁子 多様な気づきから学ぶ(2)
12月12日(月) 瀬口 郁子 多様な気づきから学ぶ(3)

<講師プロフィール>
中畠孝幸(なかはた たかゆき)
甲南大学文学部教授。六甲奨学基金運営委員長。大学では「日本語教育概論」「日本語教授法実習」などの科目を担当。中国の長春で一年間日本語を教えたのを契機に日本語教育の仕事に携わる。
瀬口郁子(せぐち いくこ)
神戸大学 名誉教授。留学生センター顧問。六甲奨学基金運営委員。留学生アドヴァイジング、留学生の受入れ環境の整備、ならびに国家を超越した人材育成のための場づくりに関する研究など。
奥田純子(おくだ じゅんこ)
コミュニカ学院学院長。六甲奨学基金運営委員。就学生、定住者、ビジネス関係者などを対象に、異文化コミュニケーション教育としての日本語教育をテーマに教育実践を行っている。

  • 日時:2011年10月17日(月)~12月12日(月) 全9回 午後6時30分~8時30分(終了しました)
  • 対象:
    外国人に日本語を教えることに関心のある人
    ボランティアで日本語を教えている人
    外国語としての日本語に関心を持っている人
  • 会場:神戸学生青年センター(阪急六甲下車、北東徒歩2分)
  • 参加費:20,000円(テキストコピー代1000円別途)
  • 定員:16名
  • 申込方法:ハガキ、FAX、E-mailで、下記連絡先まで、①住所②氏名③TEL-FAX④年齢を明記のうえお申込みください。
このページのトップヘ戻る↑