古本市記録

最終更新日: 2012年01月30日

タグ: , ,

<古本市の記録>

第1回1998年3~5月
3月1日から5月15日までで、1,478,493円うれ、六甲奨学基金のために用いられました。この成功に気をよくして古本市が継続されることになりました。

第2回1999年3~5月
3月10日~5月17日までの売り上げが、目標の奨学金3人分180万円をオーバーして、
1,921,141円でした。約3万冊の本が寄付され、1冊平均150円で売れたとして 13,000冊が売れました。残りは、(1)段ボール50箱分が期間中にたまたま訪問された金大植先生の申し出により韓国釜山の東西大学日語日文学科図書館に寄付され、(2)アジアセンター21に引き取っていただきました。寄付者、購入者、ボランティアの方々にお礼申し上げます。今後とも、よろしくお願いします。

第3回 2000年3月15日~5月15日
送って下さった古本は約900箱。1箱あたり約60冊として54,000冊。売り上げは、3月10日~5月15日に2,069,014円でした。1冊150円(100円の本と300円の本の平均?)で計算して14,000冊売れたことになります。残った本は今年もアジアセンター21に引き取っていただきました。ご協力ありがとうございました。

第4回 2001年3月15日~5月15日
約15,200冊の本が売れて、売り上げは3月10日~5月15日に2,281,768円でした。残った本は、韓国釜山外国語大学日本語学科に段ボール60箱分を贈呈し、残りは今年もアジアセンター21に引き取っていただきました。ご協力ありがとうございました。

第5回 2002年3月15日~5月15日
244万円の売り上げがありました。ご協力ありがとうございます。韓国光州韓一大学に段ボール70箱分を寄贈し、残りは、アジアセンター21に引き取っていただきました。

第6回 2003年3月15日~5月15日
約210万円の売り上げがありました。ご協力ありがとうございます。残りは、アジアセンター21に引き取っていただきました。

第7回 2004年3月15日~5月15日
約208万円の売り上げがありました。ご協力ありがとうございます。残りは、アジアセンター21に引き取っていただきました。

第8回2005年3月15日~5月15日
期間中、2,391,972円の売り上げがありました。ご協力ありがとうございます。残りは、アジアセンター21に引き取っていただきました。

第9回2006年3月15日~5月15日
期間中、過去最高の3,015,626円の売り上げがありました。ご協力ありがとうございます。残りは、アジアセンター21に引き取っていただきました。今年はのぼりを作って宣伝しました。

第10回2007年3月15日~5月15日
期間中、過去最高の3,209,604円の売り上げがありました。100円の文庫新書児童書等と300円の単行本、留学生販売(半額)を考慮して平均単価を、一冊平均120円、約27,000冊が売れたことになります。本をお送りくださった方々、ご協力いただいたボランティアの方々、本を買ってくださった皆様に、心よりお礼申し上げます。今年も残った本をアジアセンター21にひきとっていただきました。

第11回2008年3月15日~5月15日
去年にはおよばなかったものの、今年も300万円をこえる売上(3,076,585円)がありました。100円の文庫・新書・児童書などと300円の単行本、留学生販売(半額)を考慮して、平均単価を120円/冊とすると約25,000冊の本が売れたことになります。本をお送りくださった方々、何度も本を持ってきてくださった方、本の整理を手伝ってくださったボランティアの方々、そして本を買ってくださったみなさまに、心よりお礼を申し上げます。今年も残った本をアジアセンタ-21にひきとっていただきました。

第12回2009年3月14日~5月17日ことしはとても好調で、過去最高の3,968,806円の売上がありました。ことしはなるべく本のタイトルをみてもらいやすいように、重なるところが少なくなるよう、ボランティアの方々が並べてくださいました。本をお送りくださった方々、何度も本を持ってきてくださった方、本の整理を手伝ってくださったボランティアの方々、そして本を買ってくださったみなさまに、心よりお礼を申し上げます。今年は残った本をアジアセンター21と長崎在日朝鮮人の人権を守る会にひきとっていただきます。

第13回2010年3月15日~5月16日
今年は過去最高の4.141.681円の売上がありました。雨の日、寒い日が多かった今年の古本市ですが、毎日たくさんの方がきてくださいました。また、ボランティアさんも毎日きてくださっていたので、本が見やすかったのではないかと思います。ことしは、壁に段ボール箱で本棚を作りました。これがなかなかがんばってくれたので、みなさんにみていただける冊数が少し増えたのではないかと思います。
本をお送りくださった方々、何度も本を持ってきてくださった方、本の整理を手伝ってくださったボランティアの方々、そして本を買ってくださったみなさまに、心よりお礼を申し上げます。今年は残った本をアジアセンター21、新生田川共生会、エマウスの会、浙江大学日本学研究所にひきとっていただきました。

第14回2011年3月15日~5月15日
ことしも昨年に引き続き好調で、過去最高の4,408,822円の売上がありました。ことしは本の受付期間を延ばしたこともあり、本がたくさん集まりました。なるべくたくさんの本を出せるよう、アイディアを出し合いました。漫画は箱に入れて保管し、その箱にタイトルと何巻から何巻まであるかを記入し、お客様にわかるようにしておくなど、狭いけれど、お客様がよ~し、探そうという気になるような雰囲気にしようとがんばりました。本をお送りくださった方々、何度も本を持ってきてくださった方、本の整理を手伝ってくださったボランティアの方々、そして本を買ってくださったみなさまに、心よりお礼を申し上げます。今年は東日本大震災で被災した留学生・就学生のために古本市で100万円を送りました。残った本をホームレス自立支援の会・新生田川共生会、浙江大学日本学研究所、神戸大学・竹田先生グループに差し上げ、最終的にアジアセンター21にすべてひきとっていただきました。

第15回2012年3月15日~5月15日
ことしはあと少しで400万円に手が届く、3,958,372円の売上でした。本をお送りくださった方々、何度も本を持ってきてくださった方、本の整理を手伝ってくださったボランティアの方々、そして本を買ってくださったみなさまに、心よりお礼を申し上げます。古本市終了後の古本は今年もアジアセンター21にひきとっていただきました。

第16回2013年3月15日~5月15日
ことしも売上は好調で、過去2番目の4,314,482円の売上となりました。今年はGWをすぎても単行本が残っているほど本が豊富にあったこと、小さな本棚投入で本が見やすかったことほかにも要因はあるでしょうが、期間終了までみなさんに楽しんでいただけたのではないかと思います。本をお送りくださった方々、何度も本を持ってきてくださった方、本の整理を手伝ってくださったボランティアの方々、そして本を買ってくださったみなさまに、心よりお礼を申し上げます。今年は終盤に東日本の小学校、入管収容所図書コーナー、新生田川共生会に一部寄付しました。残った本はアジアセンター21にひきとっていただきました。

第17回2014年3月15日~5月15日
ことしはあと少しで400万円に届く、3,999,812円の売り上げでした。本をお送りくださった方、何度も本を持ってきてくださった方、本の整理を手伝ってくださったボランティアさん、そして本を買いに来てくださったみなさまに、心よりお礼を申し上げます。今年は神戸定住外国人支援センターへ児童書を中心に4箱、栃木のアジア学院へ新書を2箱送りました。最終的に残った本はアジアセンター21にひきとっていただきました。

第18回2015年3月14日~5月17日
ことしは開始を一日早め、終わりを2日伸ばしました(曜日の都合上)。
売り上げは3,759,671円、ボランティア述べ470名の方々にお手伝いいただきました。今年は賀川記念館の日本語学習支援室に児童書を1袋お渡ししました。最終的に残った本は、アジアセンター21にひきとっていただきました。

第19回2016年3月15日~5月15日
ことしも盛況でした。本を寄贈してくださったみなさま、ご購入くださったみなさま、お手伝いくださったみなさま、大変お世話になりました。心よりお礼を申し上げます。今年の売り上げは3,928,116円でした。ドナルドマクドナルドハウス神戸へ児童書・時代小説を中心に10箱、灘わくわく会(外国にルーツを持つ子供のための日本語学習室)へ児童書を1箱程度お渡ししました。最終的に残った本は、アジアセンター21にひきとりにきていただきました。

第20回2017年3月15日~5月15日
ことしもたくさんの本を寄付してくださったみなさま、たくさんのお客様とたくさんのボランティアのみなさまにご協力いただき、無事終了いたしました。今年の売り上げは3,474,618円でした。灘わくわく会の子どもさんたちに児童書を数冊ずつと、神戸華僑教会のボランティアグループへ児童書(洋書)を中心に2箱寄付しました。残った本はことしもアジアセンター21にひきとっていただきました。

 

<小さな古本市は年中やっています>

古本市が終わったあとも文庫、新書の棚を少しだけロビーの片隅にのこしています。こちらものぞいて見てください。


このページのトップヘ戻る↑