戦時朝鮮人強制労働調査資料集2

最終更新日: 2012年04月25日

タグ:

竹内康人編著
『戦時朝鮮人強制労働調査資料集2
―名簿・未払い金・動員数・遺骨・過去清算―』   案内チラシは、takeuti02tirasi

 

 

 

 

 

 

 

2012年4月発行

神戸学生青年センター出版部/B5判/212頁/本体1900円+税
※購入方法:購入方法:郵便振替<01160-6-1083 公益財団法人神戸学生青年センター>
で本代1900円+税+送料82円、計2134円をご送金ください。

どのような名簿が発見されているのか、労務・軍務で何十万人が動員されたのか、
軍人軍属はどこに動員されたのか、未払い金はどの事業所にどれくらいあったのか、
なぜ被害者個人に支払われなかったのか、なぜ遺骨は返還されてこなかったのか、
日韓会談時に外務省は動員についてどのように認識し、隠してきたのか、
追悼碑は各地にどれくらいあるのか、韓国では真相調査がどのようにすすんだのか
問題の解決に向けてどのような取り組みがなされてきたのか、記しています。(竹内)

主な内容
一 朝鮮人強制連行者名簿の分析
労務動員関係名簿・陸軍留守名簿・海軍軍人軍属名簿
強制連行期朝鮮人名簿一覧 陸海軍軍人軍属名簿一覧ほか
二 朝鮮人未払い金の実態
『経済協力 韓国一〇五 労働省調査 朝鮮人に対する賃金未払債務調』、
労働省『朝鮮人の在日資産調査報告書綴』、
東京法務局「金銭供託受付簿」の分析
朝鮮人未払い金事業所一覧  帰国朝鮮人未払い金調査・統括表
船員関係未払金一覧  三菱関係未払い金一覧ほか
三 強制動員数と遺骨
朝鮮人の動員と遺骨に対する外務省の認識
陸軍・朝鮮人軍人軍属地域別人員表(257404人)
海軍・朝鮮人軍人軍属復員状況(106728人)
集団移入朝鮮人労務者数  徴用開始期の集団的連行状況(1944年)ほか
四 過去清算の運動
強制連行・強制労働  日本軍性奴隷制
強制動員真相究明ネット研究集会 強制併合一〇〇年日韓市民共同宣言他 日本軍「慰安婦」問題アジア連帯会議 日本軍「慰安婦」問題の解決を!水曜集会
朝鮮人関係追悼碑調査
韓国強制動員委員会作成出版物一覧
朝鮮人関係追悼碑一覧  沖縄朝鮮人動員部隊一覧

本書の紹介が、『むくげ通信』251号にあります。http://ksyc.jp/mukuge/251/hida.pdf

『戦時朝鮮人強制労働調査資料集-連行先一覧・全国地図・死亡者名簿-』(B5、234頁、1500円+税) の続編です。

 


このページのトップヘ戻る↑