メールニュース107号

最終更新日: 2013年04月24日

=======================================================
■神戸学生青年センター・メールニュース・107号/2013年2月26日(火)
■  〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1 TEL 078-851-2760 FAX 821-5878
■  E-mail info@ksyc.jp  ホームページ  http://ksyc.jp/
=======================================================

まだまだ寒い日が続いていますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。月一回発行をめざしているメールニュースの2月号をお送りします。
2月のメンテナンス休館のあいだに、ホールのフローリングを貼り替えました。きれいになりましたので、見に来てください。もう、来月には古本市が始まります。スタートは、3.15、本の回収は、3.1~3.31です。本のご提供、ボランティアをよろしくお願いします。
メールニュースご希望の方は、info@ksyc.jpまでメールをくださればお送りします。無料です。また、このメールニュースが不要という方は遠慮なくその旨をご連絡ください。

<目次>
●(1)写真展「3・11被災地からのメッセージ~気仙沼のいま~」
●(2)「これからの私たちの医療はどうなるの?
~TPP/規制緩和でこわされていく私たちの医療~」
●(3)第17回・六甲奨学基金・古本市
●(4)食料環境セミナー<2013年02月~03月>「本当に大丈夫?食の安全」
●(5)「台湾近現代史を見る視点–台湾は「親日」なのか、「独立」すべきなのか」
●(6)朝鮮史セミナー 『李朝陶磁と陶工たち』 姜健栄さん
●(7)その他ご案内
(1)強制動員真相究明ネットワーク・第6回強制動員真相究明全国研究集会
(2)<神戸港 平和の碑>の集い2013
(3)<第9回移住労働者と連帯する全国フォーラム・神戸2013>

●(1)写真展「3・11被災地からのメッセージ~気仙沼のいま~」
http://tomoniproject.blog69.fc2.com/
*日時:2013年2月25日(月)~3月3日(日)
*場所:神戸学生青年センター ロビー 入場無料
*関連イベント(1)「トーク&ライブ」年3月2日(土)13:00~16:00 参加料:500円 ※申し込み不要。/スライド&トーク「カメラでとらえた被災地のいま」写真家 宗景正さん/「住みなれたまちに『仮設商店街』誕生~コミュニティの力~」NPO法人気仙沼復興商店街「南町紫市場」副理事長 坂本正人さん/「被災地をつなぐ『ひと』『こころ』~3年目の支援活動~」トモニプロジェクト代表 西岡英子/朗読&写真でつづるライブ、「『未来の花』~ひとの記憶・まちの記憶、被災地をつなぐうた」玉川侑香さん、矢谷トモヨシさん
*関連イベント(2)「被災地をつなぐ☆復興支援グッズ大集合!」3月3日(日)11:00~16:00、復興グッズを多数展示・販売/バレンタインチーム&南三陸はまゆりの会、べこっこMaMa、ツタエテガミプロジェクト、明舞ガーデン
*主催:(財)神戸学生青年センター、トモニプロジェクト
*協力:NPO法人気仙沼復興商店街、一般社団法人気仙沼鹿折復幸マルシェ、株式会社気仙沼まただいん、気仙沼にバッティングセンターを支援する会、淀川通信舎
*お問い合わせ:トモニプロジェクト(担当:西岡) Email:nishi-4521@hotmail.co.jp

●(2)「これからの私たちの医療はどうなるの?
~TPP/規制緩和でこわされていく私たちの医療~」
http://ksyc.jp/wp-content/uploads/2013/02/20130225TPP.pdf
*日時:3月23日(土)18:30~20:30(開場18:15)
*場所:神戸市勤労会館 講習室308号室
三宮駅から 東へ徒歩5分(神戸市中央区雲井通5丁目1-2)
*参加費:500円
*プログラム 1、医療をとりまくTPPの現状報告     川西敏雄(兵庫県保険医協会副理事長)/2、TPPに入ると日本の医療はどうなるか 色平哲郎(佐久総合病院内科医)/3、鼎談 色平哲郎×川西敏雄×武田かおり(AMネット事務局長)/4、質疑応答
*主催:「市民と政府のTPP意見交換会・神戸実行委員会」
構成団体(順不同)認定NPO法人フードバンク関西・財団法人神戸学生青年センター・市民社会フォーラム・CODE海外災害援助市民センター・公益財団法人PHD協会・NPO法人関西NGO協議会・NPO法人AMネット
*問合せ先 : NPO法人 AMネット E-MAIL :amnetosaka@yahoo.co.jp  TEL:080-3773-2894

●(3)第17回・六甲奨学基金・古本市 http://ksyc.jp/scholarship/book-recycle/
日時:3月15日(金)~5月15日(水)/会場:神戸学生青年センターロビー
目標:420万円(月額5万円、7名分の奨学金相当額です)
昨年16回目となった古本市、寄贈していただいた本は、約85,000冊。売上は3,958,372円となりました。本棚のセッティングには、多くのボランティアが必要です。3月7日(木)午前9時、よろしくお願いします。3月7日以降は、5月16日までボランティア募集します。片道500円まで交通費をお支払いします。
本の回収は、3月1日(金)~31日(日)です。よろしくお願いします。

●(4)食料環境セミナー<2013年02月~03月>
シリーズ・「本当に大丈夫?食の安全」
http://ksyc.jp/wp-content/uploads/2013/02/201302-3syokkann.pdf
①「生鮮食品編 ~放射能の影響から食肉、食中毒まで~」
2月27日(水)午前10時30分~12時
消費者問題研究所 代表 垣田 達哉さん
②「加工食品編 ~食品添加物からアレルギー、健康食品まで~」
3月27日(水)午前10時30分~12時
消費者問題研究所 代表 垣田 達哉さん
*会場:神戸学生青年センターホール TEL 078-851-2760
●参加費:600円
※託児(無料)があります。必要な方は前々日までに予約してください。
● 主催:神戸学生青年センター
TEL 078-851-2760 FAX 078-821-5878
〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1
ホームページ http://ksyc.jp e-mail info@ksyc.jp

●(5)「台湾近現代史を見る視点–台湾は「親日」なのか、「独立」すべきなのか」
http://ksyc.jp/wp-content/uploads/2013/01/201303taiwan.pdf
・講師:金沢学院大学経営情報学部・基礎教育機構准教授/NPO法人汎太平洋フォーラム副理事長 酒井 亨(さかい・とおる)さん
<講師紹介>著書に、『哈日族 なぜ日本が好きなのか』(光文社新書、2004年)、『台湾海峡からみたニッポン』(小学館文庫、2004年)、『台湾 したたかな隣人』(集英社新書、2006年)、『台湾ってどんな”国”?』(日中出版、2008年)、『台湾×夜市 ワンテーマ指さし会話』(情報センター出版局、2010年)、『台湾人には、ご用心!』(三五館、2011年近日刊行予定)などがあります。
・日時:3月9日(土)14:00/会場:神戸学生青年センター/参加費:600円
・主催:(財)神戸学生青年センターhttp://ksyc.jp/
NPO法人汎太平洋フォーラム http://ppfkobe.web.fc2.com/

●(6)朝鮮史セミナー 『李朝陶磁と陶工たち』 姜健栄さん
http://ksyc.jp/wp-content/uploads/2013/02/20130507kang-toukou.pdf
*日時:5月7日(火)午後7時 *会場:神戸学生青年センター
*講師:姜健栄さん
*案内:李朝時代、食器として庶民の間で使われていた茶碗が、日本に請来され、多くの茶人に愛好された。以前から高麗青磁や李朝白磁に魅せられていた著者は、1592年の「文禄・慶長の役」で、秀吉軍によって朝鮮半島南部から日本の九州をはじめ中国地方へ連行されてきた朝鮮陶工たちの足跡を辿り、これらの地方を旅して廻った。それは苦難の道程を歩まれた陶工たち探しの旅でもあったという。日本と韓国、両国の踏査体験を中心に李朝陶磁の清純と美の世界を探求し、エッセイ風にまとめられたのが姜健栄『李朝陶磁と陶工たち』。(2012.12、発行:朱鳥社(発売:星雲社)。初出は、2009年~2012年、『KOREA TODAY』誌に掲載されたもの)著者をお招きして同題のセミナーを開きます。ふるってご参加ください。
*主催・問合せ先:(財)神戸学生青年センター

●(7)その他ご案内
(1)強制動員真相究明ネットワーク・第6回強制動員真相究明全国研究集会
「強制動員真相究明の到達点と今後の課題」
http://www.ksyc.jp/sinsou-net/20130330syuukai.pdf
*3月30日(土)13:00~18:00
*東京大学駒場キャンパス 18 号館ホール
(京王電鉄井の頭線駒場東大駅 東口<東大口> 渋谷駅から各駅停車二つ目)
*参加費 無料 (資料代 一般1000 円 学生500 円)
*プログラム 開会挨拶 内海愛子さん/報告、金廣烈さん、竹内康人さん、 太田修さん/<活動報告>高野眞幸さん、河かおるさん、原英章さん、矢野秀喜さん、青柳敦子さん、梁澄子さん、沈在〓さん、内岡貞雄さん、殿平善彦さん/<フィールドワークについて> 塚崎昌之さん、「旧日本軍地下壕と朝鮮人労働-浅川地下壕」/閉会挨拶 外村 大さん
*交流会 集会終了後18:30 から 参加費3,500 円
*フィールドワーク 3月31日(日)午前10時~12時
「高尾の浅川地下壕」/集合 JR中央線高尾駅南口改札口 午前9時50分、参加費500円 (保険料、資料代)、案 内 浅川地下壕の保存をすすめる会
*主催 強制動員真相究明ネットワーク
*事務所 〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1 (財)神戸学生青年センター内(飛田雄一)
TEL 078-851-2760 FAX 078-821-5878)
連絡先 携帯電話 090-2070-4423 (小林) mail : q-ko@sea.plala.or.jp

(2)<神戸港 平和の碑>の集い2013
http://ksyc.jp/kobeport/20130413syukai.pdf
*日時:4月13日(土)
1)15:00~15:15 石碑前で小集会
2)15:20~16:30 勉強会/参加費:300円
*会場、KCCビル10階(華僑歴史博物館のあるのがKCCビルです)
テーマ「神戸 平和マップをつくって」
講師:元小学校教員 小城智子(こじょう ともこ)さん
*3)17:00~ 雅苑酒家で懇親会(参加費4000円、学生2000円)
*懇親会は事前申し込みが必要です。神戸港における戦時下朝鮮人・中国人強制連行を調査する会事務局まで。神戸学生青年センター内、e-mail hida@ksyc.jp

(3)<第9回移住労働者と連帯する全国フォーラム・神戸2013>
1)日時:2013年6月15日(土)~16日(日)
2)会場:甲南大学 ※600人規模のフォーラムを予定しています
3)テーマ:「私たちがつくる多民族・多文化共生社会」
4)実行委員会共同代表:中畠孝幸(甲南大学教授、六甲奨学基金運営委員長)
ロニー・アレキサンダー(神戸大学教授、ポーポキ・ピース・プロジェクト代表)
丹羽雅雄(弁護士、移住労働者と連帯する全国ネットワーク共同代表)
5)実行委員会事務局:〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1 神戸学生青年センター内(事務局長 飛田雄一) TEL 078-851-2760 FAX 078-821-5878
e-mail 2013kobeforum@ksyc.jp HP http://ksyc.jp/2013kobeforum/


このページのトップヘ戻る↑